JUVENILE HALL ROLLCALL / ジュヴェナイルホールロールコール / 1340 / STRIPE SWITCHING BANDANA ARM SHIRTS [STRIPE×BLUE RED]

JUVENILE HALL ROLLCALL / ジュヴェナイルホールロールコール / 1340 / STRIPE SWITCHING BANDANA ARM SHIRTS [STRIPE×BLUE RED]

PRICE: 44,280yen(税込)

SIZE/::
数量:

JUVENILE HALL ROLLCALL

- ジュヴェナイルホールロールコール - 

 

1340

STRIPE SWITCHING BANDANA ARM SHIRTS 」

 

ストライプ切り替え 袖バンダナ ルーズフィットシャツ

 

Price 44,280yen ( 41,000 )

 

Material

C-100 / C-84 , Pe-16 / Pe-100 

 

Color / Size 

STRIPE × BLUE RED  / ONE  SIZE FIT ALL ,

 

SIZE SPEC( cm )

※ 採寸方法や加工具合により多少の誤差が生じます

SIZE : ONE 着丈 75 肩幅 68 身幅 78 袖丈 60

 

Attention Point

・異素材ストライプ切り替えシャツデザイン

・ルーズフィットシルエット

・両袖バンダナ縫製

 


 

 

 

 

NOVEL_

 

クレイジーパターンから構築される革新的なデザインシャツ

  

NOTE //

 

- STRIPE SWITCHING BANDANA ARM SHIRTS -

「ストライプ切り替え 袖バンダナ ルーズフィットシャツ

 

今季ブランドがテーマにしたのは「LITTLE CREATURES 」 

閉塞された空間、小さな部屋の世界から着想し、ブランドらしい混沌とした世界観を表現するコレクション。

 

まさにJuvenile Hall RollCallらしいルーズフィットなシルエットで構築されたストライプ切り替えデザインのシャツ。
今季のブランドを象徴する袖バンダナデザインを両袖に配置し、左胸にはビッグサイズなポケットを配置し強烈な存在感とスタイリッシュな雰囲気を放つ作品。

シャツの素材にはきめ細かいコットン・ボディと切り替えのストライプ生地には肌触りの異なるコットンエステル混紡素材を用いた切り替えパターン構築となっており、さらに左右でストライプ切り替え生地ののカラーリングが異なる異質なデザインとなる。

切り替えになっているのは両袖のカラーリングだけではなく、両袖に配置されたバンダナの柄も左右異なるデザインの物を配置しており、さらに前後の着丈も互い違いの仕立てとなっており、背面の丈の方が前面よりもやや長めな特殊なデザインとなる。

全体的に大きめなバランスで構築されたルーズシルエットとなっており、着るものを選ばずジェンダーレスで着用することも可能なシャツ。

当店が考えるシャツの立ち位置とは、アウターでありインナーとしてシーズンレスに着用出来る万能で日常的に着用機会が多いアイテム。

存在感の強いJuvenileのシャツはさらっと羽織るだけでもコーディネートの印象を大きく変化させ、独特な世界観へ誘いファッションの楽しさを僕に教えてくれる。

ルーズな着用感と丁寧かつ仕立ての良い素材。美しく整った縫製が新たなシャツの魅力の発見に繋がると考え今季セレクトしたアイテムです。

 

 


 

 

 

 

 

このシャツの大きな見所はやはり両袖に配置されたバンダナのデザインと左右で色の異なるストライプ切り替えの特徴的なデザインだろう。

今季のJUvenile Hall RollCallを象徴する袖バンダナデザインは両袖の大きなアクセントとして存在感を放ち、バンダナを結び腕に巻き付けたり、そのまま結ばずに垂らしなびかせるようなアクセントとして様々な彩りを演出する。

バンダナの柄やストライプ生地は左右で異なるアシンメトリーとなっており、このブランドらしい遊び心に溢れたデザインとも言えるだろう。

バンダナの柄には「グアダルーペの聖母」と呼ばれるメキシコの聖母をモチーフにしたデザイン性の高いバンダナを取り付けている。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両袖のバンダナは付属して、巻き付けている訳ではなくアームそのものに丁寧に縫い付けられて取り付けられている。
その為腕に巻きつけるよう結んでもそのまま垂らしてもアクセントデザインとして様々な活躍が想定できる。

アクセサリーやコーディネートのアクセントとしてバンダナをスタイリングに用いることはあるが、このブランドらしい独特な感性から生まれる発想に驚愕した。

ファッションを真に楽しんでいるデザイナーやこのブランドらしい遊び心のある特徴的なデザインである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーズフィットするリラックスしたシルエットフォルムで構築されており、このブランドらしいラフでアンニュイな雰囲気を放つシャツ。
身体を大きく包み込むオーバーサイズなシルエットとなるが実際に着用してみると落ち感のあるしなやかな素材が影響し、極端に大きく見せずゆとりのあるシルエットながらもコンパクトに見せる考え抜かれた非常に秀逸なシルエットデザインとなっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

袖先のボタンも特徴的なひねりのある作りとなっており、剣ボロ(袖先の切り込み部分)が手の甲に当たる部分に配置されている。

通常のシャツデザインにおいては手の外側(側面部)に位置する構築となるが、側面部に剣ボロがついているとボタンの着脱にやや手間取ってしまい、開閉のストレスが生まれてしまう為思い切って剣ボロの位置そのものを定石からあえて逸らした作りとなっている。

また、袖先のボタンには袖幅を調整するボタンが配置されていてボタン留めの位置を変更することでアームライン全体の雰囲気を大きく変革するデザインとなっている。

デザイナーの遊び心と実用性の両面を兼ね備えたこだわりが垣間見えるディテール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストライプ生地との切り替え部分は非常に丁寧かつ歪みのない美しい縫製で構築されており、切り替えされた部分に沿ってカットオフしたような解れをあえて打ち出すことで適度にラフな印象を演出しているように思う。

着用を重ね、経年することで解れは徐々に存在感を増し、新たなアクセントディテールとしてこのシャツを彩るエッセンスへと変化していくだろう。

細かいディテールワークにも手を抜かないこのブランドらしい作りの一つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左胸にはビッグサイズのポケットを配置し、アクセントとしての存在感を強める。

ポケット下部にはJuvenileのアイコンディテールでもあるリフレクターを取り付け遊びのあるデザインに拍車をかける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前後で着丈の長さが異なるのもこのシャツを構成する上での大きなポイントの一つ。

背面部の裾を長くすることでバックディテールに適度な陰影感を作り出し、落ち感のある繊細な背面を演出する。

フロント部を長めの丈感にしてしまうと極端なオーバーサイズに見えてしまう為考え抜かれたデザインであると当店では考えている。

アイテムバランスを考慮した素晴らしいデザインとセンスを強く感じる。

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

存在感と個性的な雰囲気を放つルーズシルエットシャツを用いて今季当店が皆様に提案したいスタイリングも合わせて掲載致します。

今季Juvenile Hall RollCallのアイテムをセレクトするにあたり当店ではこのブランドが持つ独特な世界観と魅力を伝えていきたい。

そういった想いと僕ら自身が愛するこのブランドを皆様にも好きになっていただきたいと考え多くのアイテムをセレクト致しました。

今季Juvenile Hall RollCallのスタイルの中でも強くプッシュしたいと考えているのは同ブランドからリリースされるボンテージクロップドデニムパンツを基軸にしたコーディネートとなります。

 

 

( Fitting Model / JB / 170cm 54kg / Size_ONE )

 

FITTING PANTS >>> JUVENILE HALL ROLLCALL / ジュヴェナイルホールロールコール / 1320 / BONTAGE CROPPED DENIM PANTS [INDIGO]

FITTING BOOTS >>> こちらのアイテムは後日掲載致します。

 

 

 

トップス・ボトムスの両方のアイテムをJuvenile Hall RollCallで統一し、今季ブランドが提案している世界観をそのまま体現したルーズで楽しげな印象がするコーディネート。
ボトムスはやや腰を落とし気味に合わせることでフルレングスにも等しいバランスとなり、足元には鮮やかな染色のレースアップブーツを組み合わせた。

ゆったりとしたシャツのバランスにバランスに合わせる為に細身のボトムスではなくややゆとり感のあるシルエットパンツを選ぶことが大きなポイントとなる。

シャツの袖バンダナを結び、タイトなアームラインを演出してルーズさとタイトさとのメリハリを付けてシルエットそのもので遊ぶスタイリングとなります。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウエストにくびれのないボックス型シルエット(ボクシー・ライン)を活かすにはシンプルなコーディネートで組み合わせることでルーズなシルエットとは裏腹なスマートな印象を作り出します。

その為、真の意味で体型や性別を問わずジェンダーレスでの着用を可能にします。

個性が強いシャツでもあるのでボトムスにも強い個性を放つものをぶつけるのではなく、あえてストイックなデザインのものを選ぶことでさらにこのシャツの着こなしを楽しむことができると当店では考えており、このスタイリングで組み合わせたデニムパンツと共に今季セレクトした様々なアイテムをご提案しております。

 

 

 

 

 

独特な感性から繰り出される独創的で個性的なアイテムたち。

一見すると奇抜に見えてしまうアイテムでも実際に着用をし、その姿形を体感すると今まで感じたことのない感動や衝撃を受けることでしょう。

当店ではインナー、あるいはアウターとして万能なアイテムとして通年で提案する「シャツ」

普段のコーディネートに新鮮な風を運ぶアイテムとして、はたまた刺激的なスタイリングを構築する為の「1枚」としてこのシャツを提案しております。

 


 


 

Garage EDEN

▶   +81)3-6277-2947

▶   E-mail( ebisu@garageeden.com )

▶   WorldWide Shipping Guide