1973 . Thee OLD CIRCUS

 


  



・ Thee OLD CIRCUS _ 1973 _ ジ・オールド・サーカス

Designer /  Urano Takahiro _ ウラノ タカヒロ

made in Japan.

そのアイテムたちは固有のデザインバックボーンを持たず架空と現実の隙間に生まれた物語から派生し生み出される

ブランドの中でその時代とその季節に基づいたストーリーごとに展開され、販売期間に制限を持つシーズンコレクションの位置付けで展開される錆びたラインナンバー
そのネームタグの裏には 1973 の数字が刻まれる

アイテムを構成し使用される素材(つまりそれは生地や革、その他の構成パーツ)は日本国内を始めその他ヨーロッパを中心とするインポートなども含まれる。オリジナルの錆加工を施した金属パーツボタンなども使用し細部まで拘り抜き、朽ちてヤレた物語の世界観を表現するアイテムたちを生み出していく。全ての縫製、組立は国内工場に限られる。その大きな理由をデザイナーは洋服、モノは人の手を通じて生まれるものであり、人間味も含めた上で信頼と技術を認めることの出来る目と手に届く範囲の中で行うことに意味と意義があると考える。また同時にそれは人の手を通じて生まれるモノの質はある意味では出来上がりの空気感さえも作り出すと考えるからである。つまりその職人たちが手に宿す熟練の技工とデザイナーの想い(これを時にデザイナーはマインドと表現する)を持ってこの商品(モノ)たちはこの世に生という命を持って生まれてくると考える。= このマインドから Thee OLD CIRCUS の全ての商品には「Old name」と呼ぶ商品ロット番号とは別にそれぞれ固有の名称(名前)を持つ。
このブランドのアイテムたちが持つその趣向がこの世界においてはとてもマイノリティ(少数派)であることをデザイナーは知っている。だからこそこの趣味と趣向が向かう先は常に危うさの中にある細いワイヤーを伝う綱渡りのようなものであると思っているが、デザイナーはそれさえもこのブランドが持つ希少性と個の存在としてこれを是として捉える。

1973の意味合いはデザイナーが描く物語の原点的でその物語の背景音楽要素として流れ続けるアーティスト tom waits の1stアルバムへのオマージュ(「closing time」発表年)、古くから所有している楽器(それはもちろんfender jazz bassであるが)の製造年、文面的要素の礎である小説「1973年のピンボール」からその数字を借りたものである。

デザイナーはこれらのデザインを独自であり独学のみで始め絵を描く為、各々のデザインにおいてのバックボーンやその背景を持つことはない。つまりそれはファッションとは?という問いがとても空虚に耳に届く言葉であり、アンサー(答え)でもあると言う。ただしそれはファッションが無意味性であることを指すのではなく、洋服の在り方の中で大切なことはいかにそれを纏うその人がカッコ良いのかどうかの指針に沿って(そして従って)どう生きるのかを考えることに繋がっている。(=極論は常に北野たけしもビートたけしもカッコ良いというのが大きな指標だと言う。)そして洋服はそれに対するある種の下駄となることもあり、時にその心をも昇華させる意味合いを持つ力を秘めていると信じている。


novel.

架空と現実の、その僅かな隙間に在る情景と旅路の切抜き写真から生まれる錆付いたDesign と Item たち。
額へ入るモノ作りではなく、着込まれゆく中でいつかそれらはボロボロとなり、最後は原型の欠片をも残さずに消えていくような。
そんなモノへの望みと願い。 華やかさと、そして喧騒的でありながらその表の顔と帰る場所を持たず、ただひとときの余韻を残し、その地を去っていく者のはかなさをモノ作りに対する自分達の在るべき立ち位置と捉えこれを Circus の名に照らし映し original brand name として掲げる。
そして終わりなき当てのない家族探しの旅を続け、宛のない手紙を書き続ける。

雑然としたあらゆるデザインを削ぎ落していく引き算のスタイルの中で生み出されるシンプルかつ無機質なアイテムたち。 メンズウェアとして他にはない程の圧倒的に細いシルエットラインを構築し、そこから生み出される艶美なアウトラインは着るものを選びそれは買い手を最初から選ぶというブランドの基本姿勢も同時に表す。 洋服は、モノとは着ることで初めて命を吹き込まれるものであると信じ、そしてそれはいつかその命を削り、やがて朽ちていく美しい姿であって欲しいと僕は願う。

A simple and inorganic family of items coming out of a style of subtraction that pares down the clutter of design that is all over the place. I construct an incredibly slim silhouette not seen anywhere else in menswear, and the beautiful outline that emerges singles out the clothing, and singles out the buyer from the very start. I believe that in apparel, things are first and only infused with life through the wearing of them, and I hope that these things pass through a beautiful life cycle, eventually stripped of life and finally forgotten with time.


Official Web Site
https://www.circus-hp.com

Official Facebook
https://www.facebook.com/theeoldcircus/

Official Instagram
https://www.instagram.com/theeoldcircus/

Shop stylist John・Morishita blog(ジョンブロ)でのこのブランドの紹介
http://garageeden-john.blog.jp/archives/cat_160185.html

Shop master Urano Takahiro blog(JBブログ)でのこのブランドの紹介
http://garageeden.blog.jp/archives/cat_10027615.html



 
42