LINEA_F by incarnation インカネーション / MMXVIII-41277 Raglan darts shoulder zip front blouson lined [91N / BLACK]

LINEA_F by incarnation インカネーション / MMXVIII-41277 Raglan darts shoulder zip front blouson lined [91N / BLACK]

PRICE: 199,800yen(税込)

linea_f by incarnation

- リネアエフ インカネーション -

  

MMXVIII-41277

「 Raglan darts shoulder zip front blouson lined 

ラグランダーツショルダー ジップフロント厚カーフブルゾン

 

Price 199,800 yen ( 185,000 )

 

Material

CARF LEATHER - 100

Lining / C-54 , Pe-46

 

Finish

HAND DYED FINISH ( Primitivdyed )

 

Color / Size

BLACK ( 91N ) /   XS , S ,

 

SIZE SPEC( cm )

※ 採寸方法や加工具合により多少の誤差が生じます

SIZE : XS 着丈66 肩幅 43 身幅 47  袖丈 65

SIZE : S 着丈 68 肩幅 45 身幅 51  袖丈 68


Attention Point

・1.0〜1.1mm 厚カーフレザー100%

・ラグランスリーヴ仕立て

 


 

 

NOVEL _

 

その重みはより長い時間モノと過ごす時間に楽しみと彩りを与えてくれることだろう。10年、20年と革と付き合う中でこの世界に「たった1つ」だけのモノとして昇華していく。つまりはそれが革という素材が特別な存在で在ると言われる所以なのだから。

 

NOTE _ 

- Raglan darts shoulder zip front blouson lined  -

 

「ヘヴィカーフレザーシングルブルゾン」

 

linea_f by incarnation

デザイナー本人や家族、友人の為に作成する小ロットの特別素材や加工を施したラインで日本の限られたショップでのみ展開されるカプセルコレクション。通常のシーズンラインナップとは異なるデザイナー独自の物作りを凝縮した特別なコレクション。

全て数量限定で再生産はほぼ不可能なアイテム群となります。

また、日本国内限定の期中品の為、通常はオープンプライス(価格非表示)となっておりますがリネア_エフに関しては価格表記可能となっておりますのでご注文の際はカートを使用したお手続きが可能となっております。 

 

1.0〜1.1mmの厚みと重みを持ったカーフレザーを用いて作製された重厚なシングルブルゾン。

厚手ののカーフレザーは下地の段階から何度も独自で調合したオイル十分に染み込ませ、さらに仕上げにデザイナー自身で揉み込みその上でオイルを塗布し深みのある色合いと艶やかさを表現したレザーとなっている。
肉感的で重厚感を持ちながらもしなやかな質感の革となっており、着込んでいくことでより柔軟に馴染んでいき着用している者の体の癖によるシワやアタリをその身に刻み込む。

タイトなシルエットフォルムの構築となっており、ショルダーは立体構築を駆使したラグランスリーヴ仕立て。
さらに、腕周りの運動可動域を最大限考慮したスパイラルアームデザインを取り入れ、肘部分にスリットを施し、ソリッドな質感の伸縮するナイロン素材を組み合わせた独特なパターンメイクで構築されたごく少数のみの生産で作製されるLINEA_Fならでは実験的な要素を感じる作品となっている。

フロントのジップは全て黒を基調としたシックでストイックな色味のパーツで構成されており、こちらの作品が持つ重厚感と武骨さを強く演出し、統一感のある色合いとなっている。

 

* ベジタブルタンニン鞣し

* 製品に関しては皮革作成段階より数段のプロセスを経て最終仕上げに至るまで現行の機械に頼ること無く職人の手作業にて製作されています。その為同一モデルであってもその全てが同一の商品に仕上がることはなく、それぞれの表情と質感を持ちます。また製品染めモデルに関しては風合いを残す為にわざと完全な色止めを施しておりませんので、色落ち等がございますことをご理解の上御購入下さい。激しい製品染めや加工を行っている為製品には若干のシミ、傷がございますことをご容赦下さい。

 

夏から真夏以外のシーズンで着用できるレザーウェアの存在は当店が考える武骨な男のスタイルに欠かせないアイテム。
様々な革の種類をラインナップに並べることでそれぞれの革が持つ存在感が引き立ち、レザーウェアが持つ魅力を再認識させる。
シングルブルゾンはあらゆるスタイルに相性の良い万能感を感じるアイテムとなっているため今季提案したいと考えた。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.0mm〜1.1mmの厚みを持つ重厚なカーフレザー。
カーフ(仔牛)特有のしなやかで柔らかい革質となっているが素材に厚みを持つためソリッドさも残す適度な質感の革となっている。
製品染めを施したのちに手作業でオイルを塗布し、革職人が1点1点丁寧にツヤ出しを行い作られたレザーウェア。

非常に使い勝手の良いシングルブルゾンのアウトラインを持ち、過度な装飾を排除したうストイックでシンプルな表情を作り出し、ラグランスリーブ仕立てで構築されているのでまるでジャージのようなシンプルで万能感のある作品となる。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

このブランドが得意とする立体構築で製作されたアイテムとなっており、ラグランスリーブのデザインを取り込むことにより、タイトなシルエットフォルムながら運動可動域をしっかりと確保しストレスの少ない着用感を約束する。

スパイラルアームデザインで構築されたアームとなっており肘にはスリットを施している。
スリット部分には伸縮するナイロンメッシュ素材を組み合わせることでさらに運動可動域を確保し腕周りの快適さを強調する。

 

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
フロントジップは黒を基調としたパーツで構成されており、シックでストイックな雰囲気を演出する。
引き手はブランドオリジナルで作製されたブラック・ニッケルの引き手を採用しており、「incarnation」のブランドネームを刻印している特別感のあるパーツとなる。

 

 

 

 

 

 

 

各所の縫製にはアルチザン(職人)的な技法のオーバーロックステッチを施し、退廃的で無骨なデザイン性の高さを強く匂わせる。
ステッチの線を目で追っていくことでこのアイテムの根幹を為す立体構築パターンを浮き彫りにし、一種の美しさすら感じる。

長年の着用において革にかかる負担を最小限にする効果もある限られた熟練の職人による美しい業である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロント面の無機質でストイックな表情とは異なり、バックディテールの武骨さと独特な退廃感。

十字に交わったアイコンディテールであるバッククロスが繊細な印象のデザイン性を強く演出する。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重厚感のあるカーフレザーは1.0mm~1.1mmの厚みとなり、実際にこの程度の厚みの革を用いたレザーウェアだと硬さが残ることが多く着用していて身体に負荷がかかってしまう場合が多い。
しかしその懸念点を払拭すべく構築されたラグランスリーヴや肘部分に施されたスリットのディテールを深く理解する為に、革の厚みがどれほどとなっているかを比較した。

 

 

 

>>> incarnation / インカネーション / 31613V-7355 HORSE BUTT BACK ZIP HAND STICH LINED LEATHER SOLES [82 / SMOKE BLACK] 

 

 

 

 

 

比較に用いたのは厚みのある革を用いることが多く頑強さを求められるため重厚感が必要不可欠なブーツのシャフト部分。

履き口と袖口の意味合いは共通する部分が多く足や腕を「通す」と表現されることから比較対象として相応しいと考えた。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

斜め上、正面、角度をつけて厚みを比較した3枚の写真。
重厚なブーツの革と比較しても遜色のない重厚感のある厚みということが理解いただけるだろう。

厚みの重厚さを踏まえ、この程度の厚みのレザーウェアだと一般的には運動可動域を確保することが難しく身体に負荷が掛かりやすくなるが、そのデメリットを解消すべく取り入れたラグランスリーヴの仕立てと肘関節の運動可動域を確保するスリットは非常に大きな意味を持つ。

それは実際に着用することでより深い理解に繋がっていく。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショルダーの動きを阻害しないスポーティーなアイテムに広く用いられるラグランスリーヴ。
肩の可動域をスムースに確保し、着用ストレスを大幅に軽減する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肘に施されたスリットは関節を曲げることでスリットの口が開き、伸縮するメッシュナイロンが稼働の補助的な役割を果たす。

ディテールが持つ意味、それはデザインとしてだけの役割ではなく、革の厚みを踏まえた上で其処に在るべきと判断し配置された機能にも優れたデザインであると断言できる。
意味のないディテールやデザインはこの作品には不必要で在るし、一切の無駄が存在しない。

 

続いては、このアイテムを用いて当店が考えるベーシックなスタイリングを提案したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( Fitting Model / JB / 170cm_54kg / Size_XS ) 

 

FITTING PANTS >>> 11781-6390 DENIM COTTON97% ELASTERN 3% PANTS LONG DARTS SLIM #2 [T91 / SMOKE BLACK] SIZE_S

 

FITTING BOOTS >>>  31710IN-7331-VB CALF LEATHER 6HOLES ANCLE LINED GOOD YEAR VIBRAM SOLES [91N / BLACK] SIZE_42

 

 


ボトムスにはサルエルパンツを選び、足元にはカーフレザーのレースアップブーツを合わせることでトップスのカーフレザーブルゾンとの統一感を強く演出したincarnationが提案するベーシックなスタイル。

タイトなシルエットラインを形成するが、適度な余白部分をスタイル全体に残すことで繊細かつ退廃的な匂いのする雰囲気を演出し、重厚感のあるレザーウェアに合わせダークトーンの色合いを基調としている為、無骨さも併せ持つ骨太で男らしいスタイリングを提案したい。

 

 

 

 

 

 

 

FITTING INNER >>> 8340 '' Far Away '' / デフォルメアーム Uネックロングスリーヴ [DUST GRAY]

 

フロントを開くことでインナーのアクセントであるステッチが露出し、シンプルな組み合わせのスタイルを洗練されたスタイルへと昇華させる。
厚手すぎない適度なバランスのインナーを選んで着用しているのでレザーブルゾンとのアイテムバランスも非常に良く、ストイックでスリムなシルエットとなっている。

 

 

 

 

 

着丈、袖丈共に長さにゆとりのあるインナーの袖と裾をレイヤードし、重くすぎない色合いの調和を図ることも小さなことだが重要なスタイリングポイント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外で色合いの確認をすることでマットな質感の革の雰囲気が良く現れ、ずっしりとした重厚感のある革だと言うことがご理解頂けるかと思う。
自然光を浴びることで室内の光とはまた異なった一面を放つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルでストイックなシルエットフォルムであるこのレザーブルゾンは今回の linea_f のアイテム導入で同時期にリリースされたジャンプスーツと組み合わせた独特で新しいワークスタイルも非常に新鮮味があり、また当店ではジャンプスーツを用いたスタイリングは非常に馴染深いため今回合わせて提案したい。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( Fitting Model / ITAU / 177cm_60kg / Size_S )

FITTING PANTS >>> incarnation LINEA_F / インカネーション / MMXVIII X-6442 Snap button sleeveless jump suits [T91 / BLACK]_SIZE_M

 

ジャンプスーツを着用し、そのまま上にレザーウェアを羽織る。
少数のアイテム数で完成を迎えるスタイリングの一つ。
ストイックで武骨な雰囲気のアイテム同士の組み合わせなのでアイテムバランスがよく自然な組み合わせのスタイリングとなっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


レザーブルゾンのジップを上まで閉めることであたかもパンツアイテムを組み合わせたようなスタイルとなり、繊細な雰囲気が漂うスタイルへと変貌を遂げる。
少数のアイテムで様々な表情を演出でき、また過度な装飾のないストイックなレザーウェアを用いているためコンパクトで統一感のあるスタイリングとなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重厚感のあるレザーウェアが織りなす、繊細で武骨な逸品。

シンプルに見えるブルゾンだが徹底的に作り込まれ各所に施されたディテールが持つ意味は深い。

限られた数量しか存在しない希少な逸品をぜひご堪能くださいませ。