JUVENILE HALL ROLLCALL / ジュヴェナイルホールロールコール / 1551 / " FLUFFY CLOUD " Open collar crazy shirt [PINK]

JUVENILE HALL ROLLCALL / ジュヴェナイルホールロールコール / 1551 / " FLUFFY CLOUD " Open collar crazy shirt [PINK]

PRICE: PRICEは会員のみ公開(税込)


< Garage eden は人数制限付 会員制セレクトショップ です >

一部商品を除きプライス表示も含め御利用は ___ こちらの Family Membership 会員様のみとなります
( Web store のメンバー登録のみでは御利用が出来ませんので御注意ください )

___ サービス内容、Mind についての詳細はこちらを御覧ください

JUVENILE HALL ROLLCALL


1551

FLUFFY CLOUD " Open collar crazy shirt

Material( Face / Other / Inside )

Lyocell - 90 , Cotton - 10

Processing _  Object dye

Made in _  Japan 


Color / Size 

PINK /    ONE SIZE FIT ALL  , 


SIZE SPEC ( cm )

※ 採寸方法や加工具合により誤差が生じます

SIZE : 着丈 69 肩幅 67 身幅 74 袖丈 87


WEIGHT

SIZE : ONE SIZE FIT ALL / 250g


Point.

・ クレイジーカラーオープンシャツ


Novel _ 

 

“ FLUFFY CLOUD “
 
(ふわふわした雲) 
 
一晩中踊り明かした後でチルしたときの感覚
 
・・・・・・・
 
熱気を帯びたぎゅうぎゅうのフロアで一晩中踊りまくる
汗だくで大声上げて肌が触れ合うことも厭わない
細胞になって溶け合って大きな生物の胎内にいるみたい
 
嘗て経験した幸せな瞬間を思い出しながら作りました
 
・・・・・・・
 
The Orb - Little Fluffy Clouds
 
 
 
・・・・・・・
 
ネットのお陰で正解や欲しいものに辿り着くことが容易になり便利な反面
正しいとされること(もの)以外に対しての容赦ない誹謗中傷や同調圧力
今まで経験したことのない脅威(COVID-19)が猛威を振るうなか疑問に思いました
 
不要不急 濃厚接触...むしろそういうものや行為にこそ人間らしさがあるはず
享楽(ACID HOUSE)に身を任せることもひとつの例え
納得できないことに抗うべきだし正解(権威)を疑っていい

 


Buyer's Note _ 

愉快でそれでいて儚いモノたちの生き死に。

モノが訴えかけてくるその言葉、想い。

そういった言葉に置き換えることの出来ない要素が具現化されていると言って良いと考える。

「彼」が作るモノとは常にそういった心の琴線に触れるのだ。


 

 

" それらはいつも "

 

・・・

 

ある意味では逆説的に首尾一貫として彼の作るアイテムたちには統一性がなく、まるでそれは幼少期の少年が歳だけを重ねたままにその心の在り方を留めているよう。

それでもそれらは「いつも」僕の心を踊らせる(躍らせる)のだ。

ノックノックノック・・・

どこからか聞こえて消えることのない耳障りの良い音楽のようにそれらはいつまでもどこにも行かない。

 

春夏らしい軽快で素敵なシャツ。

ふんわりと、でもすとーん、と。

気持ちを上げるモノはこの店に沢山転がっている。

 

時に凶暴的に、時に優しく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(Fitting Model/ ITAU /177cm_60kg_Size_ONE SIZE FIT ALL) 

 

 

" 色物語 "

 

同系色を見事なグラデーションで配色させた気持ちの良いシャツ。

開衿(オープンカラー)がどこか50'sの匂いを醸し出しながらも確実にそれらとは一線を画しているデザイン。

いや、もはやこの人のアイテムたちはデザインと呼ぶことも憚れるような気さえするのだ。

本当の意味で、本当の心で不思議なアイテムたち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

" 僕にはこの部分だけでも十分な「買うに値する理由」になるパーツ=それは心だから "

 

嘘でしょ!!!???

展示会で思わず彼に言ったのはそんな言葉・・・

 

それはそれは、、、このパーツ。

 

そう「ボタン」です。

 

このダークニコニコスマイルボタン・・・

 

このボタンごと・・・このコレクションの為のオリジナルパーツ。

 

そんなことってありえない。

 

つまり細部にその心は宿るのです。

 

 

 

" ベタな表現だけど・・・ "

 

・・・ちょっとタバコを吸いながら、どんな表現でこのモノを彼を伝えれば良いだろうかと考えた。

ちょっとダサくて、使い古されてて、そしてベターな表現だけど・・・

 

「考えるよりも感じろ」

 

うわ!だっさ!(笑)

でもでもやっぱりそれが本音だし、本音であるから本当かなぁと。

そんなことを思うのだ。

 

あー、だとか

こー、だとか

 

そんな枠外のこっち側。

枠の外がこの内側。

そんな超矛盾の中にあるモノたちです。