Wir Lineal / リネアル / WL-0405-311 / Hinter der Tür / Inorganic structure hoody parka [CHARCOAL(Holzkohle)]

Wir Lineal / リネアル / WL-0405-311 / Hinter der Tür / Inorganic structure hoody parka [CHARCOAL(Holzkohle)]

PRICE: PRICEは会員のみ公開(税込)


< Garage eden は人数制限付 会員制セレクトショップ です >

一部商品を除きプライス表示も含め御利用は ___ こちらの Family Membership 会員様のみとなります
( Web store のメンバー登録のみでは御利用が出来ませんので御注意ください )

___ サービス内容、Mind についての詳細はこちらを御覧ください

Wir Lineal


WL-0405-311

" Hinter der Tür "

Inorganic structure sarrouel hoody parka

Material( Face / inside )

Tetron 63% , Rayon 33% , Polyurethan 4%

Processing _  Object dye

Made in _  Japan


Designer

Aria / Lucy 


Color / Size 

CHARCOAL(Holzkohle)  /    ONE SIZE FIT ALL (einer)  ,


SIZE SPEC ( cm )

※ 採寸方法や加工具合により誤差が生じます

SIZE : ONE SIZE FIT ALL -


WEIGHT

SIZE : ONE SIZE FIT ALL / 700g


Point.

・ 無機構造立体パターン

・ YKK EXCELLA FULL ZIP フーディ仕立て


Novel _ 

彼らは言う

 「自分だけの秤を持つこと」


Buyer's Note _ 

一言で片付けられてしまう「モード」という言葉。

アパレルにおいては日常的に使われる。

前衛的でありながらもそれを手に入れた瞬間にそれは常に過去へと変わる。

意識と意味と意義。

アーティストの集団としての彼らが持つアイデンティティはその自らの秤によって決められる。

アリア&ルーシーのデザインワークは女性的な匂いが漂い時にエロチックでも在る。


  

 

 

" 無機構造立体パターン "

 

それはまさしく常識の枠外から生まれる。

本来在るべきはずの箇所にあるカッティングは無く、またその逆に本来位置する箇所にそれは無い。

そんな立体構造を持ったアイテム。

 

通常存在するはずのカッティングパターンを意図的に排除しながらも、洋服の在り方としての立体性を独自の目線と構築で積み上げて創造していく。過程の中の技巧性や複雑性、それで在りながらも出来上がりは美しいシルエットパターンとして具現化されている。

 

アリアとルーシーが作り上げたのはそんなフルジップのフーディスタイル。

形容する言葉、具現化させる言葉を失うアイテムはまさしく常識の枠外で作り上げられるデザインだと感じる。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(Fitting Model/ ITAU /177cm_60kg_Size_ONE SIZE FIT ALL) 

  

" 全てを覆い尽くすカバーフーディ "

 

どこにも属さない立体的なパターン二ングで意図的にオーバーサイズで構築されてフォルム。 

当たり前のことを敢えて意図的に無視しながらも、その出来上がりのフォルムデザインはスタートのラインから見えているのであると考える。

 

秤=モノサシ

 

それを決めるのは自分自身だと

 

 

" 糸の意図 "

 

オーバーロックが施された全体はやはりインパクトのある商品。

エラスタンストレッチ入りの素材である為に、それは余計に運動稼働の中でよりその色を垣間見せる。


ステッチ先からは意図的に糸が垂れ下がるデザイン。

これは縫製時にわざと残されたデザインであり、着用者の在り方で短くカットすることも可能である。

*ある意味での飾りステッチであり、本縫いのステッチはこれと別に施されているのでカットしてもウェアの強度に影響は与えない

 

 

 

 

 

" 秤 "

 

価値と在り方。

それは自身の秤で決めればいいのだ。