JUVENILE HALL ROLLCALL / ジュヴェナイルホールロールコール / 1480 / " FAKER HOLIC " Crazy hood shirt [BLACK]

JUVENILE HALL ROLLCALL / ジュヴェナイルホールロールコール / 1480 / " FAKER HOLIC " Crazy hood shirt [BLACK]

PRICE: PRICEは会員のみ公開(税込)


< Garage eden は人数制限付完全 Membership shop です >

一部商品を除きプライス表示も含め御利用は ___ こちらの Family Membership Point をお買い上げの会員様のみとなります
( Web store のメンバー登録のみでは御利用が出来ませんので御注意ください )

___ サービス内容、Mind についての詳細はこちらを御覧ください ( garage eden official web site )

入会前にイメージをご覧頂きたい方は ___ Login 画面で メールアドレス 「 shop@garageeden.com 」 パスワード 「 Eden1973 」 で内覧が可能です。( incarnation , 6111 アイテムはオープンプライスのため表示されません = 会員様はこちらの閲覧も可能となります )

内覧のみとなり、お買い物は出来ませんので御注意下さい。(登録内容の変更はしないようお願い致します)


JUVENILE HALL ROLLCALL


1480

" FAKER HOLIC " Crazy hood shirt

Material( Face / other )

Cotton - 100 / Cotton - 35 . Polyester - 65

Processing _  Object dye

Made in _  Japan 


Color / Size 

BLACK /    ONE SIZE FIT ALL 


SIZE SPEC ( cm )

※ 採寸方法や加工具合により誤差が生じます

SIZE : 着丈 74 肩幅 61 身幅 69 袖丈 20 / 60


Point.

・ 着脱式別体フード


Novel _ 

 

“ FAKER HOLIC “
 
フェイク(偽造)中毒 或いは パクリ(盗作)中毒
 
 
「自嘲」とも「開き直り」ともとれます どちらも正解!
どこがフェイクなのか? パクってるのは何? 粗探しも一興
 
僕が作るものに意味や伝えたい思いなんてありません
人間の生きる理由が探しても見つからないのと同じです
 
じゃあなぜ「洋服」作るのか?
それは  “ ADDICT "(中毒患者)だから キッパリw
 
・・・・・・・
 
逞しく生きる姿が愛おしくて見守っていた近所の野良(サビ)猫が
ある日突然いなくなったときの喪失感(にゃんこロス…)
 
何ひとつ残さず消えて(いなくなって)しまう
そういう「ひと」になりたいなあ 常々思います
 
JUST CHILLIN. / EGO DEATH

 


Buyer's Note _ 

愉快でそれでいて儚いモノたちの生き死に。

モノが訴えかけてくるその言葉、想い。

そういった言葉に置き換えることの出来ない要素が具現化されていると言って良いと考える。

「彼」が作るモノとは常にそういった心の琴線に触れるのだ。


 

 

" Good Crazy "

 

・・・

 

あまりにも複雑な構築で、正直写真に撮ることすら難しい。(説明としての写真という意味で)

着脱式のフード(でも、絶対的にフードが「そこ」に在る方が完成度は高いと感じている)、レイヤードされた袖(しかもハーフスリーブ部分は布帛のシャツ地でありロングスリーブはニット・・・)、フロントはボタン式でありながら、裾部分だけはスナップボタン+ドローコード仕立て・・・

 

テンコ盛り盛り過ぎのディティールが詰め込まれる。

 

しかし、1番言いたいことはそれらが単純なただの足し算ではなく、いうなれば(たぶん伝わらないけど)24色の油性絵具をパレットに全てぶちまけておいて、その色と色を再現なく混ぜ合わせたあとから「本当に」自分にとっての必要な部分だけを抽出して描かれたモノ。

 

僕の拙い表現力では(笑)説明を書き切る自信がない。。。

 

着れば良い。

 

愉しめばいい。

 

・・・ Good Crazy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(Fitting Model/ ITAU /177cm_60kg_Size_ONE SIZE FIT ALL) 

 

フェイクのもとに彩られたリアル

 

そしてそのある種の架空空間で繰り広げられる際限なき自我の世界。

 

どこまで楽しめるのか?

 

彼のアイテムはいつも僕にそんなことを訴える。