Thee OLD CIRCUS '' 1973 '' / 0105 / " Beyond the shine " / ICE COTTON LEGGINGS [DUST BLACK]

Thee OLD CIRCUS '' 1973 '' / 0105 / " Beyond the shine " / ICE COTTON LEGGINGS [DUST BLACK]

PRICE: 6,600yen(税込)

SIZE/: 選択
0 - 1
2 - 3
SIZE/::

PRICE: 6,600yen(税込)

数量:

Thee old circus 1973


0105

Old Name _ 「Beyond the shine / 輝きの向こう

ICE COTTON LEGGINGS

Price _ 6,600 ( 6,000 )

Material ( Face / Inside )

Cotton 100%

Processing _ Object dyed / Washed finish

Made in _ Japan


Color / Size 

DUST BLACK  /    0 - 1   ,   2 - 3  , (普段着用のパンツのサイズ感と同サイズで良いかと思います)


SIZE SPEC ( cm )

※ 採寸方法や加工具合により誤差が生じます

SIZE : 0 - 1 W 70 ワタリ 27 膝巾 15 裾巾 10.5 股下 76.5

SIZE : 1 - 2 W 76 ワタリ 28 膝巾 16 裾巾 11 股下 78.5


Attention Point.

・ 冷感 アイスコットン 特殊素材


  

Novel _

  

単純明快「それらのアイテムたちの為だけ」に生まれた名作

 

Buying Note _

 

レギンス+ハーフパンツ(またはクォーターパンツ)の組み合わせを広めたい。単純に自分自身が気に入っているスタイルを少しでも皆様にも感じてもらいと思って提案をしていく中で、生足での肌の露出はまだまだ抵抗感が強いことでしょう。そんな折りこのレギンスがあればそれだけでそのスタイルのハードルは大きく下がると信じている。

これはいわばサービスアイテム。実際の作り込みの値段よりもお値段は現実的な設定となっている。理由も単純・・・これ単体では意味をなさない。つまりこれはパンツとセットで買ってもらえることを前提として値付けされたアイテムであり、パンツを少しでも買って貰いたいスタイルの幅を広げて貰いたいという願いでもあるのだ。

 

Structure Note _

 

プレーンな「タイツ」とも「レギンス」とも言えるアイテム。

作りは出来るだけ簡素になっており、着用感のフィッティング性を追求している。なによりもパンツと組み合わせることに意味、意義を持つアイテムである。

 

Material Note _ 

 

ICE COTTON / アイスコットン

極めて薄手の素材であり、通常機能性素材の多くは化学繊維となることが多いが、肌に直接触れる面積の多いインナーウェアであれば着用の快適性は天然素材に勝るものはない。そういった中で天然繊維でありながらも極上の超長綿を特殊な紡績技術を用いて接触冷感機能を加えることで快適な着用性、通気性、吸水性を実現した。薄手+天然繊維でありながらキックバックの強い伸縮性があり型崩れも起こしづらい生地に仕上がっており、触った際の冷気感とシャリ感が大きな魅力だろう。

 


  

 

" このスタイルを作るのであれば絶対に必須なアイテム "

 

 

春〜夏であれば「このスタイル」を「しない」のであれば全くのスルーアイテムと考えても良いでしょう。

 

あなたがこの格好、スタイルどう捉えるのか?

 

それで自分にとっての是非が決まる。

 

そんな単純明快なアイテムとも言える。

 

 

 

 

 

 

(Fitting Model/ ITAU /177cm_60kg_Size_ 2 - 3)

 

 

まずはシンプルにサクッと着せてみる。

 

ちなみに・・・

 

ノットレギンスだと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

" ある意味でのサービス品 "

 

 

作り込み・・・

ライクラと呼ばれる高級ウレタンウエストラバーバンド(フィット性と耐久性が高く高級)、特殊冷感素材(生地としては結構な高級品)、、、

 

もちろんしっかりとお金は掛かっているものの、これ単品ではどう考えても意味をなさない。

そういった意味では「パンツと一緒に」というつもりの値段の設定となっている。

そういって意味においてのサービス品である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

" 今までになかった「夏用レギンス」という考え方 "

 

タイツ、レギンスとは基本的には「保温」へ向けてのアイテム作りが多く、そういったモノを用いてのハーフパンツとの組み合わせでは春夏はどうしても暑すぎる。。。(当たり前だけど)

であれば、夏用を作ってしまえ!

それが出発点でありある意味でのゴールでもある。

半パンをもっと身近に、当たり前に僕らのスタイルにも取り入れる為にも必須のアイテムとして強く提案をしたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

" 自分自身の新しいスタイルの幅を作る! "

 

当たり前だけれどハーフ丈のパンツ以外でもクォーター(7部丈)などとの相性も抜群であることは言うまでもない。

特に春夏の季節であればフルレングスの裾を少し捲り上げたりなどをして調整してブーツでの合わせ、スニーカー、サンダルなどでバランスを取ると様々なアレンジスタイルも可能だと思っています。

「慣れ」

そういったことでまた新しいスタイルを楽しむことが出来ると思っていますのでそういった意味でもこのアイテムを取り入れることは大きな意味を持つことになると思っています。