JUVENILE HALL ROLLCALL / ジュヴェナイルホールロールコール / 1455 / " C D M " BACK PRINT T-SHIRTS [SMOKE BLACK]

JUVENILE HALL ROLLCALL / ジュヴェナイルホールロールコール / 1455 / " C D M " BACK PRINT T-SHIRTS [SMOKE BLACK]

PRICE: 17,600yen(税込)

JUVENILE HALL ROLLCALL


1455

" C D M " BACK PRINT T-SHIRTS

Price _ 17,600 ( 16,000 )

Material ( Face / Inside )

Cotton 100%

Processing _ Object dyed / Hand Used Wash

Made in _ Japan


Color / Size 

SMOKE BLACK  /   ONE SIZE FIT ALL  ,


SIZE SPEC ( cm )

※ 採寸方法や加工具合により誤差が生じます

SIZE : ONE 着丈 75 肩幅 57 身幅 61 袖丈 22


Attention Point.

・ ハンドヴィンテージウォッシュ加工入り

・ " C D M " バックプリントデザイン


 

Novel _ 

 

“ CDM “    

COLD DARK MATTER  (冷たい暗黒物質)

 

Buyer's Note _

 

暗黒物質 https://ja.wikipedia.org/wiki/暗黒物質


いつもながら言葉からの着想が起点です
この厨二病ぽい はっきりしないモヤモヤした感じ

なんでも知った気でいる人類の叡智でも到達しない
解明できない世界や物質があることにワクワクします

さて”暗黒”といえば 僕には『 諸星大二郎 』なんです
詳しくはここでは省略しますが 興味があれば読んでみてください

異世界・伝奇・SF・不条理・コメディ... まさしくモヤっとした感じ 最高!

もうひとつの重要なインスピレーション源は『 電脳コイル 』
あっちの世界(古い空間)・都市伝説・SF・ミラーワールド...

10年以上前 NHK で放映していたので毎週観ていたのですが
今 AMAZON prime にて無料で一気に観れます やった!

個人的にはストーリーよりも 設定や小ネタ 或いは
ストリートカルチャーを感じされる描写(黒バグスプレー・メタタグなど)大好物

あと ・・・ (△ロゴの)パクリ ・・・
ずっと王者(あ! KING じゃない QUEEN )に君臨する某ブランドとの
コラボをおちょくっている との指摘アリ 着眼ナイス!

グラフィック・ディテール・色使い・LOOK などに
それらの要素が見え隠れしているかと思います

どう感じるかはあなた次第です  ドーン !!!!(笑ウせえるすまん)
A先生(藤子不二雄A)は KOUくん(KOUSUKE SHIMIZU)が大好きなので影響されたw

 


 

   

” 通称「ジュヴェT」はいくらあっても嬉しくなるモノ "

 

個人的な話ですが、カレコレと2002年の彼のデビューからずっと僕は彼の作品を買っている訳で(数年間店としての取引がない時は個人的に彼の個展に伺って買わせてもらっていた)しかも僕は兎にも角にも彼のファンであり(たぶんお客さんよりも遥か高い意味合いに於いて)彼の服の所有はもちろんのこと沢山ある。

・・・

Tシャツ

・・・

たぶん10枚どころではない。

 

着すぎてネックが伸びまくってクタクタだったり、色々なシミがついていたり、バイクのオイルが飛んで汚れていたり。

でもでも、それら全てを大切にクローゼットに入れてある。

入り切らないのは実家にも置いてある。

 

いくらあってもいいんです。

素敵なTシャツってさ。

 

 

 

 

 

(Fitting Model/ ITAU /177cm_60kg_Size_ONE SIZE FIT ALL)

 

はーーーーーい!

 

完成!(笑)

 

マジで笑ってしまうくらいに完成させる圧倒的な存在感のTシャツってのが彼の作品の魅力でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

" Tシャツだから沢山の説明はあえてしないけど・・・ " 

 

Tシャツって気軽に着るもの。

夏はもちろんだし、ロングスリーブとかと合わせて春も秋も冬も。

だから良い意味で「テキトー」な扱いが最高だと思っています。

直感で「いいじゃん!」っていつもなるのが JUVENILE HALL ROLLCALL のTシャツ。

気がつけば毎シーズン1枚づつって決めて買っていたらビックリな量になっていた。(笑)

 

基本的には毎シーズン加工感などは一緒。

でもフルハンドのヴィンテージウォッシュ加工だから逆に1着も同じモノは存在しません。

独特の存在感と時間の経過をすっ飛ばしたようなカッコよさを最初から得ることが出来ます。(これ最高)

 

 

 

 

 

 

 

いー感じに最初から味わい深いのが味わえます。

 

 

 

 

今回のコレクションテーマ " C D M " 

COLD DARK MATTER  (冷たい暗黒物質)

 

そのイメージを彼のフィルターを通して出来上がるグラフィックデザインがバック部分にインパクトありありでプリント。

 

 

 

 

 

" 1枚ならパンチ力のあるアウター、インナーなら差物として "

 

破壊力抜群のインパクトプリントアイテムはそれだけで一気に目を惹かすことの出来るアイテム。

あとは自由にパンツだけ選べば完成しますよね。

Tシャツってそんな風に洋服のアイテムの中でもすごく身近で魅力的。

そしてそのブランドのコンセプトや在り方などをキャンバス的に描いている。

そんな風に見ていくときっと楽しいです。