incarnation / インカネーション / 31991-8660 ムートングローブ SHEEP SHEARLING GLOVE SPAIRAL ZIP #2 [91×91 / BLACK×BLACK]

incarnation / インカネーション / 31991-8660 ムートングローブ SHEEP SHEARLING GLOVE SPAIRAL ZIP #2 [91×91 / BLACK×BLACK]

< Garage eden は人数制限付完全 Membership shop です >

一部商品を除きプライス表示も含め御利用は ___ こちらの Family Membership 会員様のみとなります
( Web store のメンバー登録のみでは御利用が出来ませんので御注意ください )

___ サービス内容、Mind についての詳細はこちらを御覧ください

___ 入会前にプライス等内覧希望の方はこちらよりお問い合わせ下さい (内覧用 Store ID 登録が必要となります)

 

incarnation - インカネーション -

 

31991-8660

「 SHEEP SHEARLING  GLOVE SPAIRAL ZIP #2 

シープシェアリング スパイラルジップ ムートングローブ

 

Price OPEN ( 価格はお問い合わせ下さい )

 

Material

Baby lamb leather-100

 

Finish

NON WASH FINISH 

 

Color / Size

BLACK × BLACK91×91 //  S (ONE),

 

 

SIZE SPEC( cm )

※ 採寸方法や加工具合により多少の誤差が生じます

SIZE : S   全長 20 cm 最大幅 13.5cm 手首口 12cm

 

 

Attention Point 

・トスカーナ・シープシェアリング ムートン

・ナッパ加工( 床革、光沢仕上げ)

・YKK EXCELLA ファスナー オリジナル引手

 


 

 

 

NOVEL_ 

 

特別でリッチな素材、極上の暖かさとラグジュアリーさでスタイルに彩りを加える逸品、

そして時に小物と示されるアイテムがアウターという大物以上に輝くことがあるのです。

 

NOTE_

 

ムートンの聖地とも呼ばれるトスカーナの毛足が長さが圧倒的なムートンを贅沢にアームウォーマーへと仕上げたアイテムでそのラグジュアリーさはまさに別格。

日常の「スタイル」にこの1点を加えるだけで豪華な存在感を生み出し見た目にもインパクトを与える。同時にトップウィンターともなれば実際的な防寒性も高く見栄えのみならずにリアルな着用が大きく期待出来る。デザインとしても有用なファスナーの長さはYKK EXCELAならではのエレメントの輝きの存在感と開閉部分が広く長く取られていることでアウターやインナーと合わせての脱着もスムーズに行うことが出来る。意味のあるデザインとはこういったアイテムのことを指す。

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

圧倒的に豪華な毛足の長さを誇るトスカーナムートンは一見の価値があり見るもの、着用者を魅了するだろう。ボディ側のブラックのシープレザーにグレー〜ブラックへのグラデーションを施したファーで単一のブラックとはまた一味違った味わい深いトーンカラーとなり、またこの色味を持つことでモノトーンのコーディネートの中でも僅かな色の違いを生み出すことで全体のスタイルに変化をつけることが出来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムートンという素材は手入れが必要であると(実際には必要に応じてケアをするという意味では全てのアイテムがそうであるが)勘違いされることもあるが、元々皮革であるが故に実際の着用時においては必要以上にケアをする必要はなく、むしろこういったラグジュアリーと評されるアイテムを日常的な自分のスタイルに自由に、ラフな感覚で着用をして頂きたいと当店では考える。ボディのレザーもファーの部分もシーズンの終わりや定期的にブラッシングや簡単な拭き掃除程度で十分です。過度なメンテナンスはアイテム自体をより傷めることにも繋がります。

ケアの疑問やメンテナンスに関しても当店では最良と思われるご提案をさせて頂きますのでぜひお気軽にお声掛け頂ければと思いますし、購入前の疑問にも可能な限りお答え致します。

どのショップ様で購入されても品質は当たり前ですが一重です。

その中で当店を選んで頂けるかどうかはその商品に対する向き合い方であると信じております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に着用をするとこのようなイメージとなります。

私の手はあまり大きくないことと指も決して長くないのですが第二関節付近まで心地よいファーが覆ってくれます。これはもちろん言うまでもなくトップウィンターでは大きな防寒性を発揮してくれると確信出来ます。

ファスナーの開閉部分の内側(指先から向かうと手首側に当たる部分)までビッシリと敷き詰められたファーとなっていますのでファスナーをしっかりと締めることでアウターの手首の部分からの隙間風さえも遮る効果も得ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

サイドから見るとこのような感じです。

適度な長さ(ロング過ぎず、ショート過ぎず)があるために様々なスタイルに取り入れることが出来ると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にアウターとの組み合わせの画像を。

今季当店で別注として作製を依頼した同ブランドのカーフレザーダウンブルゾン(RED)と組み合わせて見ました。アウターはあくまで参考ですがこのようなスタイルは無骨な匂いにもなりますが、ムートンらしいラグジュアリーさを生かしてモードな匂いがするコート類などと組み合わせてももちろんオススメです。

小物、アクセサリーは過剰演出の為ではなく元々のその特性を意味する「飾り」として適度な合わせ方をするのが当店の考えです。

ぜひ参考になればと思います。