JUVENILE HALL ROLLCALL / ジュヴェナイルホールロールコール / 1225 / OVER WRAP TRENCHI COAT [KHAKI]

JUVENILE HALL ROLLCALL / ジュヴェナイルホールロールコール / 1225 / OVER WRAP TRENCHI COAT [KHAKI]

PRICE: 78,840yen(税込)

 

JUVENILE HALL ROLLCALL

- ジュヴェナイルホールロールコール - 

  

1225 Name 「 OVER WRAP TRENCHI COAT 」

 

ロングラップトレンチコート

 

Price //  78,840 yen ( 73,000 )

T-67 , N-30 ,  Po-3 / C-50 , Cu-50  , / C-100

Color // Size 

KHAKI //   ONE  SIZE FIT ALL ,

   

NOTE //

 

- OVER WRAP TRENCHI COAT -

「 ラップトレンチコート 」

 

今季の JUVENILE HALL ROLLCALL のラインナップの中でも強烈に格好良く、圧倒的な存在感を放つロング丈のラップコート。

同ブランドの展示会場に足を踏み入れた時、僕ら全員が一目惚れした今季一押しのアイテムです。

 

素材は落ち感のあるテンセル混紡素材を用いて作られたコートとなります。
落ち着いた光沢を放つ上品な出で立ちはさらっと羽織るだけでスタイリングが完成されるアイテムとなっています。

ラップ(巻く)コートデザインで作られており、ウエスト部分に前びらきを留める紐とトレンチコートの面影を残すベルトを配置しており体に巻きつけるように前を留めるデザインとなっている。
前開きをベルトで固定すると、さながら和の装いのような風体を演出し着物を纏っているかのような雰囲気へと変貌する。

色鮮やかなチェック柄切り替えとなっている裏地もこのアイテムの見所の一つ。
素材の切り替え部分は非常に丁寧な縫製で構築されており、ブランドらしい「きちんとした」作りとなっている。

肌寒くなってくる季節の変わり目ではシャツなどの上にさらっと着用するライトアウターとして、また全体的にゆとりのあるサイジングで作られているため、トップウィンターではレザーウェアや保温性の高いアウターの上に着用し保温性を高めるコートとして幅広い場面での着用が期待いただけるコートとなっております。

 

※ 基本は全てのアイテムがワンサイズ展開となります。またかなり特殊な生地(もちろんそれは一見しただけでは分からないことも多い)や限られた枠の中でモノを生み出していくブランドの為、個体差などもございますことをご理解下さい。不明点などがあればぜひお気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。

 


SIZE SPEC // ( cm ) ※ 採寸方法や加工具合により多少の誤差が生じます
  

SIZE : ONE 着丈 109 肩幅 46 身幅 60 袖丈 66

 


Attention Point.

 

・ラップコートスタイル

・縁パイピング仕立て

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 


アイテム全体がドレープし、陰影が生まれやすい落ち感のあるテンセルを多く配合した混紡素材で作られたコート。

その佇まいは大人な落ち着いた雰囲気を演出し、無機質でモードな印象のデザインを強く連想させる。

 

出会いは唐突に訪れた。

僕らが展示会場に足を踏み入れた際、強烈な存在感と格好良さを放つこのコートに目が釘付けになった。

 

まさに一目惚れのような状態。

思わず「カッコいい」と声が出るほど気に入ったアイテム。 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

背面上部にはブランドのアイコンの一つである「丸カン」が’’取り付けられている。

 

「何に使うか」

 

「どういう風に活かそうか」

 

 着用者の想像力を掻き立てられるディテール。

そこには決められたルールがある訳ではなく各々が考え自由に自在にファッションそのものを楽しんで頂ければ非常に嬉しく思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コート各所の縁に施されたパイピング加工がシルエットを立体的に演出する。
非常に細かいところではあるが細部にまでしっかり目を配らせたディテールワークが素晴らしい。
 

下の写真からはこの特徴的なラップコートの巻き方を写真と共にご案内致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真ではフロントを開けた状態。

右手側に垂れ下がるストリングス(紐パーツ)と左手側にホールが配置されたベルトがあるのが分かって頂けるかと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左右両サイドのストリングスを結びボディシルエットを形作る。

長さにゆとりのあるストリングスなので着こなし方による微調整も可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 コートの左側を身体にぐるりと巻きつけるようにし、左前部のベルトを右腰部にあるバックルに通し固定する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着物を纏っているかのようなラップコートスタイルが完成する。
身幅にゆとりのあるデザインの為身体のラインを覆うような風体ですので良い意味でインナーを選ばず幅広いスタイリングで活躍する主役級のコートとなります。

着用するだけで気づけばファッションが楽しくなるアイテムの存在は希少。
それこそがこの JUVENILE HALL ROLLCALL が持つブランドの魅力である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアイテムの裏地も特徴的なディテールとなっている。
裏地の下半分はアクセントにもなっているコットン素材のチェック柄生地で切り替えたデザインとなっている。
パンクの精神が根底にあるブランドらしい表現のディテールワーク。

切り替え部分の縫製も非常に丁寧かつ美しい縫製で構築されており、「ちゃんと」作られているアイテムであると強く実感しアイテムの完成度の高さにいつもながら敬服すら覚える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( Fitting_Model / JB / 170cm_54kg )

 

 

  

 

展示会場に足を踏み入れた瞬間、強烈にこのアイテムが目に焼きついた。

 

「一目惚れ」

 

究極的にカッコ良く気がつけば自然とこのアイテムを手に取っていた。 

ディテール、素材、着用感とそのシルエット全てに魅了された。

 

雰囲気だけのアイテム構築だけでなく、全ての意匠が丁寧かつ美しく彩られている。

 

袖を通す必要もなく、佇まいだけでカッコ良いと心から思えるコートは希少な存在だろう。

 

 

 

>>> JUVENILE HALL ROLLCALL / ロングラップトレンチコートをメインにした今季セレクトブランドミックススタイリングのご紹介 ( Shop_Stylist_Blog_2018.8/22 )

  

>>> 「レイヤードとは何か?」 / Garage EDENが提案する「カッコ良い」スタイルを構築するまでの流れ ( Shop_stylist_Blog_2018.10/1 )

 

>>>   ジュヴェナイルの服を纏うこと /「装い」を変えることでの気持ちの変化(当たり前とされる洋服を纏うことの意味)_2018_10_03_JB_BLOG

 

 

 


 

  

お電話でのお問い合わせは Garage EDEN / 03-6277-2947

メールでのお問い合わせはこちらへ >>> CONTACT PAGE ( info@circus-hp.com )

>>> JUVENILE HALL ROLLCALL(ジュベナイルホールロールコール)全ラインナップはこちらへどうぞ