Wir Lineal / リネアル / WL-0101-311 / Inorganic structure dolman sleeve zip hoodie [BLACK (Pechschwarz)]

Wir Lineal / リネアル / WL-0101-311 / Inorganic structure dolman sleeve zip hoodie [BLACK (Pechschwarz)]

PRICE: PRICEは会員のみ公開(税込)


< Garage eden は人数制限付 会員制セレクトショップ です >

一部商品を除きプライス表示も含め御利用は ___ こちらの Family Membership 会員様のみとなります
( Web store のメンバー登録のみでは御利用が出来ませんので御注意ください )

___ サービス内容、Mind についての詳細はこちらを御覧ください

Wir Lineal


WL-0101-311

Inorganic structure dolman sleeve zip hoodie

Price _ 38,500 ( 35,000 )

Material ( Face / Inside )

Linen 50% Rayon 48% Erastane 2%

Processing _ Object dyed

Made in _ Japan


Color / Size 

BLACK (Pechschwarz)  /    ,  2  ,  3  ,


SIZE SPEC ( cm )

※ 採寸方法や加工具合により誤差が生じます

SIZE : 1 着丈 75 肩幅 - 身幅 55 袖丈 79

SIZE : 2 着丈 76.5 肩幅 - 身幅 57,5 袖丈 80.5

SIZE : 3 着丈 77.5 肩幅 - 身幅 60 袖丈 81.5


Attention Point.

・ 無機構造パターン


 

 

Novel _

 

彼らは言う

 

「自分だけの秤を持つこと」

 

 

Buying Note _

 

真夏にも羽織ることの出来るリネンとレーヨンをベースにしたフーディシャツのアウターは非常に素敵なアイテムだと考える。

袖を捲り上げることやフロントのジップの開閉によって気温に合わせての体温調整を可能にさせる。

 

Structure Note _

 

「無機構造パターン」と呼ぶ常識の枠外の立体構造を持ったアイテム。

通常存在するはずのカッティングパターンを意図的に排除しながらも、洋服の在り方としての立体性を独自の目線と構築で積み上げて創造していく。過程の中の技巧性や複雑性、それで在りながらも出来上がりは美しいシルエットパターンとして具現化されている。

  


  

 

 

 

 

 

(Fitting Model/ ITAU /177cm_60kg_Size_2) 

 

 

" 昇華を目指し意図すること "

 

本来存在するべき「肩のライン、付け根」、「フードとなる為の切り替え」、そういった既存性を意図して排除されたデザイン。

それ自体が彼らが考える通常概念を排したデザインであると言えると思う。

 

 

 

 

 

 

当たり前のことを敢えて意図的に無視しながらも、その出来上がりのフォルムデザインはスタートのラインから見えているのであると考える。

 

秤=モノサシ

 

それを決めるのは自分自身だと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

" 糸の意図 "

 

オーバーロックが施された全体はやはりインパクトのある商品。

エラスタンストレッチ入りの素材である為に、それは余計に運動稼働の中でよりその色を垣間見せる。

 

 

 

 

 

 

 

十字にクロスした先からは意図的に糸が垂れ下がるデザイン。

これは縫製時にわざと残されたデザインであり、着用者の在り方で短くカットすることも可能である。

*ある意味での飾りステッチであり、本縫いのステッチはこれと別に施されているのでカットしてもウェアの強度に影響は与えない

 

 

” 季節を問わずに着用出来る素材感の魅力 "

 

ビスコースリネンのドライタッチの通気性とレーヨンが持つ生地の落ち感がまさしく最高の素材。

さらにエラスタンを混紡させることでビヨーンと伸びるストレッチ性も確保させている。

中肉のシャツ生地程度の重さはまさしく通年でのアウター要素を持っている。

YKK EXCELLA らしい美しく妖艶な光沢を持ったエレメントも一花添える。

タンクトップ1枚の上から羽織るのも良し、Tシャツも良し。季節によってはカラーもののシャツなどを合わせるのも良いだろう。