Thee OLD CIRCUS - 9 - / 9-9104 / "Vanished song " / ノーカラージップ ラストレザーベスト [RUST BLACK]

Thee OLD CIRCUS - 9 - / 9-9104 / "Vanished song " / ノーカラージップ ラストレザーベスト [RUST BLACK]

PRICE: 121,000yen(税込)

SIZE/::
数量:

 

THEE OLD CIRCUS - 9 -

 

9-9104

Old Name 「 Vanished Song/ 消えた唄 」

ノーカラージップ ラストレザーベスト

 

Price // 121,000yen(110,000)

 

Material

Rust Leather / Cow  - 100

Lining / C - 97 , Pu-3

 

Finish

SPRAY WASH FINISH

 

Color / Size 

RUST BLACK /  0 , 1 , 2 , 3 ,

 

 

SIZE SPEC (cm )

※ 採寸方法や加工具合により多少の誤差が生じます 

SIZE:0 着丈 63.5 肩幅 32 身幅 45 

SIZE:1 着丈 65.5 肩幅 33 身幅 47 

SIZE:2 着丈 67.5 肩幅 34 身幅 49 

SIZE:3 着丈 68.5 肩幅 35 身幅 51 

 

Attention Point.

・ラストレザー素材

・スプレーウォッシュ仕上げ

・ノーカラーネック構造 

 


 

 

 

Novel_

  

錆(サビ)のように朽ちていく唄。

 

Note_

 

- Rust Leather No Collar Zip Vest -

「ノーカラージップ ラストレザーベスト」

 

このアイテムは9-9103との対であり同であるアイテム。

つまりはその派生を持ったアイテムであると言える。

春夏であ ればこれはシンプルにシャツやカットソーの上に羽織る1枚のアウターとして、秋冬であれば体を内側で覆い防風や防寒 の効果も得られるインナーとしても有用だ。
つまりは1年を通じて非常に着用率を高く、多くすることが出来ることから 革を愛す人間であれば通年の着用を可能にするアイテムであるということ。またそれはデザインワークにおいてもその通年の使用を固定の概念に置き、ストイックでシンプルな外観を意識して構築した。

ノーカラーのデザインにすることであらゆるスタイルとの合わせを可能とし、また革の厚みも0.6mmと薄く削いだもの を使用しているので着用のしやすさ(着ぶくれをしないインナー用であり、シャープなアウトラインを作るアウター用としての意味)を実現している。 

 

Structure Note_

 

シャツの上に、カットソーの上に、そしてアウターのインナーとしても。
着用のあらゆる可能性を持ったレザーのベスト(ジレとはまた違った角度のアプローチとしてこのアイテムは存在する)ノーカラー(衿無し)のカッティングでハの字に開くダーツによりボディラインに立体性を持たせた構築を持つ。
インパクトと利便性を持つフロントのジップ構造で、ファスナーのムシ(スライダー= 歯)を敢えて隠すように左右の革を合わせた部分で裁ち切りを施すことで着用を繰り返す(また仕上がりのスプレーウォッシュ時にすでにその顔を現し始めてはいるのだが)ことで革に歪みが生まれ、僅かにその歯が覗く姿を見ることが出来るだろう。Wスライダー(ファスナーの上下開き)構造ではあるが裾側に掛かる体の負荷(タイトスタイルのある意味での宿命)を着用時に逃がす為に裾には両側にファスナーを配置しており、ここを開くことでフロントのファスナーは下まで下げ降ろした状態で着ることも可能になっている。 

 

Material Note_ 

 

Rust Leather ( original japan steer 0.8mm ) / オリジナルジャパンステア 0.8mm ラストレザー


「Rust = 錆の意」

革が好きで生きてきた自分自身が辿り着いた答えでもある革。それがRust Leatherでもある。

古から伝わる技法に現在の技法と手法をミックスさせて完成されたハイブリッド混合タンニンで作り出すフルタンニンレザー。クロームとタンニンのブレンドではなく、タンニン同士の掛け合わせを繰り返すことで、それぞれの良さを引き出して従来にない革としてこの世に生まれた。 一見してするとタンニンならではの色の奥行きと芯の残った硬さがありウェアであればアームを曲げた瞬間、パンツであれば屈伸の動きで感じることが出来るしなやかな革の稼働を味わうことが出来、着用のその日から着るごとに体に吸い付くように馴染み始める。
製品では最低限の加工のみ。理由は本当の意味でのこの革の良さは自分自身で着込むことで進化と深化をしていく革である為。

 

マイノリティなスタイルの最たるアイテム落として今季取り扱うに至ったレザーベスト。
ジレのようなデザインとは大きく異なり、ノースリーヴシャツ的なスタイルでの着用が想定されると当店では考えており、Tシャツやカットソーの上に羽織るのみならず、タンクトップなどのアイテムと組み合わせることで強烈にストイックで男らしいスタイルを実現する。

季節を問わず着用出来るインナー、あるいはライトアウターとして様々な場面で活躍するだろう。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハリがあり、革全体に大きくシワ付けされた、このブランドが長年追い求めていた世界観を体現したラストレザー素材。

芯のある硬さを残しながらも袖を通すことでこの革に命が吹き込まれ、立体感かつ躍動感のあるシワを革全体に刻み込んでいく。

滑らかで上品な革質のレザーウェアとは一線を画す退廃的なこの革の表情にこそこのブランドが想像する世界観が詰め込まれている。

またこの革は日常的に着用されるインナーとしての側面を持っていることからレザーウェアとしては薄手の厚みとなっており、実際的に軽量感があるため、長時間の着用でも体にストレスが溜まり辛いレザーウェアとなっている。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロントに入ったスリットが立体的なネックとその両脇を奔るロングダーツ。

それはノーカラー(衿為し)でありながながらまるで衿があると錯覚するような立体的なディテールデザインとなっている。

タイトなシルエットフォルムの構築となっているが、ノースリーヴのカットソーを着用しているようなデザイン構築となっている為、非常に開放感のある着用を実現する。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

白銀に輝くファスナーパーツには滑らかなスライドを実現するYKK社製のEXCELLA ZIPを採用。

引き手の先にはこのブランドがオリジナルで作製したロングレザーコードを取り付け、フロントのアクセントディテールを強く演出する。

しかし、ただ取り付けるだけではデザインとしての意味を持たない。

このレザーシャツの経年変化に合わせファスナーに取り付けられたレザーコードも共に経年変化する楽しみを味わうことが出来る素晴らしいディテールワーク。

 フロントから長く垂れ下がるレザーコードが退廃的で儚いこのブランドが提案する世界観を匂わせる。


佇まいから放たれる独特な美しさにもぜひ着目頂きたい。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 裾の両脇には短いレンジのファスナーを取り付けているディテール構築。

アイテムのアクセントとしてもささやかながら存在感を放つパーツだが、このディテールが持つ意味は深い。

ファスナーを取り付けることでウエスト周辺のフィッティング感を調節出来る役割を持ち、さらにファスナーを上げた着用にすることでボディにかかる負荷を分散させる大きな意味合いを持つディテール構築となっているのだ。

意味のないデザインを嫌い過度な装飾などは必要ではないと感あげるデザイナーが構築する素晴らしいディテール。裾まわりの表情の変化はスタイルにも大きな影響を及ぼす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライトアウターとしての側面を持つこのベストにはやはりサイドに存在するポケットは必須の存在であると言えるだろう。

このブランドが構築する多くのアイテムに共通する大切なマインドの一つである「ポケット」の位置。

ポケットに手を入れた「絵」になる姿をも視野に入れ、それは自然に在るべき位置に存在している。

決して過度な主張をしないスリットポケットデザイン構築を取り入れており、無機質かつ無骨なこのアイテムが持つ雰囲気を損なうことはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背面には立体構築を為すバッククロスダーツを施し、バックディテールの表情を彩る。
実際に着用することでシャープなシルエットラインを演出し、さらに立体構築ならではの肉感的なパターンを作り出す。

男の背中に刻まれたバッククロスは退廃的で無骨な男の世界に繋がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベストの左右内側にはインナーポケットを内蔵している。
男のウェアにはタバコや小さな手帳を入れられるスペースが欲しい。

手荷物は最小限で良い。

そう、思わせるポケットの配置はこのブランドが提案する世界観への理解へと繋がっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デイリーウェアとして構築されたレザーベスト。

やはりデニムパンツやカットソーなどの日常的に着用機会の多いアイテムを組み合わせリアルクローズを意識したベーシックなスタイリングを提案したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( Fitting model / ITAU / 177cm 60kg / Size_2 )

 

 

FITTING CUTSAWN >>> Thee OLD CIRCUS '' 1973 '' / 9150 / "Blue Way " / ディストーションアームベア天竺ハーフスリーブ [DUST BLACK] SIZE_2 

 

FITTING INNER >>> Thee OLD CIRCUS '' 1973 '' / 9101 / "Rut a Bunny" / レーヨンフライスロング丈タンクトップ [LIGHT GRAY] SIZE_2

 

FITTING PANTS >>> Thee OLD CIRCUS - 9 - / 9-9191 / "Star Drop" / 13.5oz ストレッチデニム Rot-9 ジョッパーズ クラッシュパンツ [INDIGO BLUE] SIZE_2 

 

FITTING BOOTS >>> こちらの商品は後日入荷致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋外での撮影の写真を合わせて掲載する。
室内とは異なる革の表情、そして雰囲氣を見比べることでまた新たな魅力の発見に繋がるだろう。

 

 

 

 

 

FITTING SHIRTS >>> incarnation / インカネーション / 11873-3352 COTTON80% POLYESTER20% SHIRT BD #2 UNLINED [T99 / MIX CHECK] SIZE_S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

退廃的で無骨な雰囲気、そして繊細で先鋭的なスタイルを得意とし、提案する当店オススメのコーディネートをもう一つ紹介したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (Fitting Model / JOHN / 170cm 65kg / Size_2 )

 

 

 

FITTING HAT >>> 

 

FITTING COAT >>> こちらの商品は後日入荷致します。

 

FITTING INNER >>> Thee OLD CIRCUS '' 1973 '' / 9101 / "Rut a Bunny" / レーヨンフライスロング丈タンクトップ [OFF WHITE] SIZE_2 

 

FITTING PANTS >>> incarnation / インカネーション / 11882-6402 COTTON 93% RUBBER 5% ELASTANE 2% PANTS LONG DARTS SKINNY [T91 / BLACK] SIZE_M

 

FITTING BOOTS >>> CB-413 "RADIO" / スモーキーレザー#1100ソール エンジニアブーツ [SMOKEY BLACK] SIZE_42 

 

薄手に漉いた革で構築された素材のため、インナーとして用いても着膨れせずにスマートな着用を実現する。
ソリッドで妖艶な雰囲気を持つロングコートのベストとして組み合わせ、インナーにはロングの着丈のタンクトップを着合わせレイヤード感を演出する。

足元にはスキニーパンツをエンジニアブーツにインするスタイルでどこかミリタリーライクな骨太の無骨さを演出し、スタイルバランスを整える。

レザーアイテムは全て黒を基調とすることで統一感を持たせカラーバランスとシャープでストイックな男のスタイルで在ることを強く匂わせた。

アウターを着脱することで気温の高いシーズンにも対応することがこのスタイリングのポイントであると考えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジレとは大きく異なる接着面積の多いベスト構築だからこそ、アウターを着脱しノースリーヴの状態においてもスタイリングとして成立する。
「無骨な男らしさ」を意識し、構築したスタイリング。
確実にマイノリティなスタイルでは在るが、夏〜真夏の気温が非常に高い時期でも清涼感があり、かつ当店が考える退廃感を基にした世界観を強く体感頂ける一推しのスタイリングの一つ。

 

 

 

 

 

どこまでもストイックに貫き続けるマイノリティなスタイル。

退廃的で強烈な存在感のレザーベストは日常に寄り添いデイリーウェアとして多大な活躍を魅せるだろう。

革を身につけ、革に染まる。

 

 

 


 

Garage EDEN

▶   +81)3-6277-2947

▶   E-mail( ebisu@garageeden.com )

▶   WorldWide Shipping Guide