Thee OLD CIRCUS '' 1973 '' / 9141 / " Crazy Horn " / シャーリングオンブレーチェック ディストーションネックロングシャツ [SHADOW CHECK]

Thee OLD CIRCUS '' 1973 '' / 9141 / " Crazy Horn " / シャーリングオンブレーチェック ディストーションネックロングシャツ [SHADOW CHECK]

PRICE: 38,880yen(税込)

SIZE/::
数量:

 

THEE OLD CIRCUS - 1973 -

 

9141 

Old Name 「 Crazy Horn / 狂った角笛

 

シャーリングオンブレーチェック ディストーションネックロングシャツ

 

Price // 38,880yen ( 36,000 )

 

Material

C - 99 , Pu - 1

 

Finish

ONE WASH FINISH

 

Color / Size 

SHADOW CHECK /  0 , 1 , 2 , 3 ,

 

 

SIZE SPEC (cm )

※ 採寸方法や加工具合により多少の誤差が生じます 

SIZE:0 着丈 105 肩幅 41 身幅 46 袖丈 64

SIZE:1 着丈 107 肩幅 42 身幅 48 袖丈 65.5 

SIZE:2 着丈 109 肩幅 43 身幅 50 袖丈 67

SIZE:3 着丈 110 肩幅 44 身幅 52 袖丈 67

 

Attention Point.

・シャーリングオンブレーチェック、コットン素材。

・立体ロングシャツ構築

・ディストーションネックデザイン

 

 


 

 

 

Novel_

  

 幻想的な物語から想像・創造されたモノ。

  

Note_

 

- Shearing Onbray Check Distotion Neck Long Shirt -

「シャーリングオンブレーチェック ディストーションネックロングシャツ」

 

シャーリング(生地段階でのシワ加工)、オンブレー(被さるように擦れたチェック柄)そしてディストーション(歪み)の融合を1つの完成された形にしたロングのシャツ。
ストイックな構造と一般的にも馴染みのある(その中では随分と稀有なチェックを選んだのだけれど)チェックの柄を乗せた。

 

狂った角笛が聞こえた先には風に吹かれて佇む男が居た。

ーーーその姿はなんだか儚く見えた。

風に煽られその男はなにかと戦っているように僕には見えた。

 

そんな幻想の空間の中の劇中の人物が着用していたアイテムをこの現実世界に具現化させたアイテムがこのシャツだった。
アウターライクな外観のデザインでありながらも、寒さの残る季節であればインナーとして用いることも出来ることから通年を通して着用が出来るアイテム。

風通しが圧倒的に良いために両面の使い方が出来るのが魅力的だろう

 

Structure Note_

 

軽快に季節を乗り切る為に必要なのはこういったアウトラインとのギャップを持ったアイテムだろうと思う。
ギャップとは見た目とは裏腹の軽さであったり、カジュアルに見えがちな素材をモード的に技工を加えて示し表すことだ。
ディストーション(歪み)と名付けた特殊なネックは横線を持つ通常の衿の構造を排除し、体のボディ部分からネックが一体化した縦ラインを強調する。
それは体全体を細く長く見せる効果を持ち独特の形状でスタイルの奥深さを演出する。
ネックのトップボタンを閉めることでフェイスライン を隠すことでより朽ちたイメージを作り出すことが可能になる。
立体的な構造を持ったスパイラルアームのラインは前振りを持ち、 チェックの生地を敢えて切り返すことで目を惹くデザインにも加担することにもなる。
バッククロスのダーツも同様にデザインアイコンであると同時に技工の上で欠かすことの出来ない立体感を持つ。
シャーリング(シワ加工)された軽量なチェックがこのシャツとコートの中間アイテムを作るに当たって最高の仕上がりとなる。 

 

Material Note_ 

 

Shearing Onbray Check / シャーリングオンブレーチェック


ダブルガーゼにも似た雰囲気を持つこのチェックの成り立ちはシャーリング(生地段階での加工により洗いを掛けることで独特の段のあるシワが生まれる加工)加工と層の重なりのようにその柄に印影が生まれるオンブレーのチェックによるもの。
シャーリングによって糸と糸の隙間に空気の層が生まれる為にガーゼのように生地に段が生まれることでふんわりとした素材に仕上がった。
生地自体はとても軽量なものに仕上がり、コットン99%(+Pu1%)のナチュラルな肌触りが最高の逸品の完成をむかえる。
風になびくほどに軽い素材の為このアイテムほどの着丈の長さを持っていても驚くほどに着用感は軽く、春~夏、初秋であればアウター要素を持ち肌寒い季節であればコートの中のインナーとしても提案が可能なアイテムでもある。

 

当店が提案するスタイルにおいてどのシーズンでもロング丈のアイテムという存在は必須。
退廃的な雰囲気があり、かつ繊細な匂いを放つこのロングシャツは春先〜夏のライトアウターとして、それから先のシーズンではコートなどのアウターウェアの下の着用するインナーシャツとして非常に幅広い活躍が想定される作品であると考えている。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グレーをベースにし徐々に色合いの濃淡が変化し、色が染み込んだような退廃的なカラーリングで構成されたオンブレーチェック柄。

素材にはシャーリング加工(生地段階での加工により洗いを掛けることで独特の段のあるシワが生まれる加工)を施し、陰影感のある立体感のある表情を作り出す。
またシャーリング加工によって生地と生地の間に適度な余白部分が形成されるため、まるでガーゼのようなふわりとした肌触りと柔らかな質感を持ち、肉厚な生地であるが通気性に優れている素材となっているため、春夏や秋口のライトアウターとして十分な活躍が想定される素材となる。

コットンをベースにほんの僅かにポリウレタンを混紡しており、非常に軽快でソフトタッチな質感の素材に仕立て上がっている。
ポリウレタン特有の伸縮性も兼ね備えており、鈍く粘り強い伸縮を作り出し着用ストレスを軽減する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロントディテールはダブル仕立ての構築となっており、首元を開くとアシンメトリーでワイドネックのような雰囲気のネックを演出し、繊細で色気のある表情を放つ。
 

フロントの開きにはボタンを覆うような比翼仕立てとなっており、この作品全体の退廃感や朽ちた雰囲気を強く演出する部分となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロントと袖に取り付けられたボタンにはこのブランドがオリジナルで作製したサビ加工を施した金属ボタンを配置しており、Thee OLD CIRCUSが構築する朽ちた世界観を表現するパーツとなっている。

素材、ディテール、パーツの全ての積み重ねにより形成されるは退廃的でヤレた素晴らしい男の世界。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特徴的なネック構築はディストーション(=歪み)を基に考案され、前傾に強く倒した立体的な構造を持っている。

ボディと衿が一体化した構築となっており、縦長のシルエットラインを強く演出する効果や役割を持っている。
ボタンを閉じきってしまっても窮屈にならない立体構築の一つでもある計算され尽くしたパターンワーク。

ラフにフロント部分を開くことで、立て衿したような雰囲気も自然に形成され、色気のあるこのブランドらしいデザインでもある。
また、ネックの衿縁には可変する樹脂ワイヤーを挟み込んでいるため自在に変化させ表情の変革を楽しむことが可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立体的な構築はスリーヴデザインにも反映されている。
ショルダーから袖口に向かって緩やかな螺旋を描くスパイラルアームを取り入れたデザインとなっており、関節部に溜まる過度なシワやドレープを排除し、シャープで美しいアームラインを描く。

実際に関節を稼働させることでシワやドレープが過度に形成されていないということが理解いただけるだろう。
また、このスパイラルアームは腕を包むような螺旋状で構築されているため快適なフィット感を演出し、運動稼働による着用ストレスを大きく軽減させる役割も兼ね備える。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

「シャツは最強のアウターであり、インナー」と古くより提案するこのブランドらしく、側面部にはサイドスリットデザインのポケットを配置している。
自然に問えお下ろした先にポケットは存在し、そこにあって然るべきという絶妙なポイントに取り付けられている。

其処に妥協などは一切存在せず、徹底的な計算の基に構築され使い手側に立ち、俯瞰して構築であると認識させる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裾はフィッシュテールのような深いスリットの入ったデザインとなっており、ロングの着丈と相成って裾がなびくことでの退廃感や妖艶さ、草臥れてヤレた男の後ろ姿を演出する。

また裾縁には可変する樹脂ワイヤーを挟み込んでおり、立体的かつ躍動感のある裾の雰囲気を人為的に構築することが可能。
服を着ることの楽しみにも繋がっているディテールであると考える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背面にはアイコンディテールの一つでもあるバッククロスダーツを施し、立体的で肉感的なパターンを浮き彫りにしするバックディテールを形成する。

実際に着用し、生地を緊張させることでその姿を立体的に表す。
デザインとしても完成された美しさを演出するバッククロスダーツ。
タイトなシルエットフォルムでありながらも身体に負荷を掛けない立体構築デザインの一つでもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このブランドが提案する退廃的な今季のスタイリングを提案する。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( Fitting Model / ITAU / 177cm 60kg / Size_2 ) 

 

 

FITTING HAT >>> Thee OLD CIRCUS - 9 - / 9-831 / "Old Flower" / ラムレザー ワイドブリムハット [OLD BLACK] SIZE_2 

 

FITTING CUTSAWN >>> Thee OLD CIRCUS '' 1973 '' / 9150 / "Blue Way " / ディストーションアームベア天竺ハーフスリーブ [DUST GRAY] SIZE_2

 

FITTING PANTS >>> Thee OLD CIRCUS - 9 - / 9-9191 / "Star Drop" / 13.5oz ストレッチデニム Rot-9 ジョッパーズ クラッシュパンツ [INDIGO BLUE] SIZE_2

 

FITTING BOOTS >>> こちらの商品は後日入荷致します。

 

ロングの着丈を活かし縦長のシルエットラインを作り出し、細身のスタイリッシュで美しいバランスを構築した。
滲んだようなオンブレーチェック柄の退廃感に合わせ、ボトムスにはクラッシュ加工が施された無骨なデニムパンツを組み合わせヤレた男の世界観を表現する。

ヘッドウェアとして組み合わせたレザーハットでストイックさを強く演出し、このスタイリング全体の色合いとアイテムバランスを整えた。

 

インナーにはシャツと同系色のグレーの配色にすることでインナー、アウターとの境界線を無くし、繊細な匂いを印象付ける組み合わせとなっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

均等に光が当たる屋外での色合いも合わせてご覧いただきたい。
室内ではオンブレーチェック特有の陰影感が強調されていたが、屋外ではシャーリング加工によって作り出されたシワやドレープが退廃的な陰影感を演出する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

続いてはこのシャツを用いて、当店が考える繊細さと無骨さを共存させたスタイリングを提案したい。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FITTING VEST >>> Thee OLD CIRCUS '' 1973 '' / 9131 / "Beginning" /コードストレッチロングフードベスト [DUST BLACK] SIZE_2

 

FITTING PANTS >>> こちらの商品は後日入荷致します。

 

FITTING BOOTS >>> incarnation / インカネーション / 31710IN-7331-VB CALF LEATHER 6HOLES ANCLE LINED GOOD YEAR VIBRAM SOLES [91N / BLACK] SIZE_41 

 

スタイル全体のカラーバランスは黒を基調にし、シャツの上に同様のロング丈のフードベストを組み合わせストイックで無骨な雰囲気を演出したスタイル。
全体をダークトーンでまとめながらもオンブレーチェック柄の軽快さや繊細な印象を際立たせ重厚感を持たせすぎないバランス感を意識した。
ボトムスには細身で美しいシルエットフォルムのカーゴパンツをレースアップブーツにブーツインし、ミリタリーライクな要素を作り出し無骨な足元の表情を演出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディストーションネック+ベストのスタンドネックのレイヤード感のバランスが非常に相性が良く、妖艶でヤレ感のある表情を作り出す。
ロング丈特有のエロクールな表情はやはり当店が考えるスタイルにとって必要不可欠な存在であることを強く認識させた。

 

 

 

 

 

風に煽られ何かと戦っている男。

そんな空想の物語。

歪みを基に構築されたネック、独特なシャーリングが作り出す陰影感、そして滲んで幾重にも重なった模様。

全てが融合することで構築される幻想的で儚い物語から創造された一枚の作品。

 

 

 


 

Garage EDEN

▶   +81)3-6277-2947

▶   E-mail( info@circus-hp.com )

▶   WorldWide Shipping Guide