Thee old circus " 1973 " / 8380 / Lost Water / ストレッチメランジニット ルーズタートルネック [M BLACK]

Thee old circus " 1973 " / 8380 / Lost Water / ストレッチメランジニット ルーズタートルネック [M BLACK]

PRICE: 16,200yen(税込)

SIZE/::
数量:

 

THEE OLD CIRCUS - 1973 -

  

8380 Old Name 「 Lost Water」

 

ストレッチメランジニット ルーズタートルネック

 

Price // 16,200 yen ( 15,000 )

 

E - 95 , Pu - 5

 

Finish // ONE WASH  FINISH

Color // Size 

 

M BLACK //  0 , 1 , 2 , 3

 

ITEMS NOTE //

 

Strech Melange Knit Loose Turtle Neck -

 「 ストレッチメランジニット ルーズタートルネック」

 

Lost Water(失った水)

 全てが氷に覆われる世界での出来事の話。

メランジとは「混合」の意を持つフランス語が語源となり、混じり合う糸で生まれる生地の名称を指す。選んだのは黒糸がベースになりもう1本の掛け合わせの糸に彩りを持つ糸を採用したニット。
マイクロタッチの起毛仕立てとなり肌触りの良さと防寒性に富んだ生地に仕上がっている。またレイヤードスタイルなどでも着膨れしないようタイトなフォルムに仕上げるためにウレタンを混じえて生地にストレッチ性もある為快適な着用を保持することが可能だ。タートルネックが欲しかったが、ピッタリとしたモノは好きではない。そこにヤレた世界が存在しないからだ。首の周囲を広く設計し、さらにフロントサイドから立ち上げる深いダーツ線を作ることで前フリ(前傾方向への傾斜角)を強くしてルーズなタートルネックを構築しさらに自在に可変する樹脂ワイヤーも挿入。トップウィンターに必須の防寒着となる。

 


BUYER'S NOTE //  

 

スマートかつ防寒性の高い冬のインナーとしてタートルネックのニットがあると非常に利便性が高く、さらに様々なアウターと組合わせた際のネックレイヤードの奥深さを再認識したため、買い付けたアイテム。
肌寒さを感じるシーズンにおいて首元までしっかりと防寒してくれるインナーの存在は非常に大きい。
ストイックで無骨なスタイルを得意とする当店のスタイリングではこういったアイテムがあることでさらにスタイルの幅を拡張し、またカラーリングバリエーションも十分にあるため飽きのこないスタイルが構築出来ると考えました。

 

 

 

SIZE SPEC // ( cm ) ※ 採寸方法や加工具合により多少の誤差が生じます

 

SIZE:0 着丈 67 肩幅 40 身幅 44 袖丈 67.5

SIZE:1 着丈 69 肩幅 41 身幅 46 袖丈 69

SIZE:2 着丈 71 肩幅 42 身幅 48 袖丈 70.5

SIZE:3 着丈 72 肩幅 43 身幅 50 袖丈 70.5

 

Attention Point.

  

・マイクロタッチ起毛ニット素材

・ルーズタートルデザイン

 


 

 

  

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふんわりと起毛したエステル・ウレタンをブレンドしたニット素材を採用。
起毛しているこの素材は空気の層を多く含有する特徴を持つため着用していると非常に高い保温性を作り出す。
伸縮するウレタンを混紡しているため、十分なストレッチ性を保有しているのでストレスの無い着用感を約束する。

メランジ染色の素材を用いており、黒色を基調する糸がベースとなりもう一色鮮やかな配色の糸を用いたニット素材となる。
それぞれの色に黒色が混ざり合ったカラーリングとなるので、奥域のある深い色合いを表現する。

退廃的な色合いの素材を用いる事でこのブランドが想像する無骨で妖艶な世界観を演出する。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらのアイテムの見所であるネック構築は、ネックの周囲を広めの設定にし、フロントの中心と背面に深いダーツ線とバッククロスダーツを入れる事で自然な傾斜を作り、立体的で首回りのにゆとりのあるルーズなタートルネックのシルエットフォルムを形成する。
今季のブランドを象徴するディストーションネックにも近いデザイン構築となり、このアイテム以前にリリースされたディストーションネックデザインで構築されたアイテムとの組み合わせにおいて、無機質かつ先鋭的なスタイルが演出可能なため非常にバランスの良いスタイルを構築する。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フロントの中心に深く入ったダーツと背面のバッククロスダーツ。

前傾姿勢を構築 する上で立体的かつ人体の稼動に沿った無駄のないパターンワーク。
このネックの構築を言葉のみで説明・解説すると非常に難解であると自身も強く感じたため、よりわかりやすく伝えるためにはどのようにすれば良いか?と考えたところ、実際に紙を用いて説明することが直接的な理解に繋がるかと思いました。

 

 

 

 

 

用意したのはA4サイズの一枚の紙とハサミ。

 

 

  

 

擬似的かつ簡易に型紙的なモノを作製し、前傾するネックを構築するには上の写真のような台形とV字の切り込みを入れることが必要。

 

 

 

 

 

 

 

 

カットした両端を直線的にセロテープで繋ぎ合わせました。

この繋ぎ合わせた箇所がフロントに入ったダーツに位置します。

 

 

 

 

V字に切り取った箇所も先ほどと同様にセロテープで接合します。

 

 

 

 

この箇所はアイテムで言う所のバッククロスダーツに当たる箇所となります。

 

 

 

 

真横から見ると前傾している立体的な円筒状のフォルムを構築していることが確認出来ます。

 

 

 

 

実際にアイテムと並べた写真を撮影しました。

細かいところやディテールの深奥までは当然異なると思いますが、前傾しているフォルムにフォーカスを当てた説明においては大まかな部分はこの構築となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に着用することで前傾しているルーズタートルネックの構築や首回りに張り付かない程良いルーズな雰囲気がより鮮明に見えます。
前述した前傾のシルエットフォルムは人体の体の作りに合わせた自然な立体構築となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアイテムに用いたメランジニット素材は着用することでより黒を基調とした深い色合いをその身に宿し、シックな雰囲気を醸し出す。
ストイックで退廃的な匂いのするアイテムとなっている。

 

 

 

 

 

 

 

 (Fitting Model / ITAU / 177cm 60kg / Size_1 )

 

外の光を浴びることで独特な陰影を放ち、素材の基となる黒色が表面に現れる。
素材の特性上、過度な光沢は無くしっとりとした風合いとなっているのでシックでストイックな印象のタートルネックとなる。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( Fitting Model / JB / 170cm_54kg / Size_1 )

 

 

シンプルにデニムパンツと組み合わせたスタイル。
寒い時期にはこの上にアウター類を羽織ることが圧倒的に多く、単一のみでの着用機会は少ないと考えるが、アウターを脱いでも『絵』になるインナーはどのシーズンでも貴重で希少な存在である。

タートルネックのインナーはネックにアクセントのあるデザインアイテムのため、様々なアウターと掛け合わせでさらに使い勝手の良さを演出する。

 

 

 

 

 

 

 


上二つのスタイリング写真ではそれぞれ異なったアウターを着用しました。

それぞれのアウターでタートルネックニットとの相性も単純に良いですが、今季当店では退廃的かつ無骨なレイヤードスタイルを提案しており、この二つのアウターなどをを掛け合わせたレイヤード感の強く打ち出したスタイルを提案しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

インナーコートとして歪みの意を持つディストーションネックのナイロンシャツコートを、アウターにはストレッチバックサテンの変形デザインジャケットを組み合わせたスタイリングとなります。

今季このブランドが表現する先鋭的な退廃感、その世界観を表現するために必要だったのは、色気のある雰囲気のロング丈アイテムとタートルネックを引き立てるためにクラシックな印象と繊細さ兼ね備えるジャケットを組み合わせることが最適だと考えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

特筆すべきは今回選択したアイテム同士を掛け合わせた際のルーズタートルネックのディテール。
主張の強いアイテム群との組み合わせながらもその存在感はしっかりと引き立てられ、大人びたシックな雰囲気を演出する。

スマートな装いながらも防寒性が高く、冷たい外気から身を守り実用性の高さも魅力の一つであるスタイリングとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

決して目立つところではありませんが、袖先もレイヤードしておりこのスタイリングのアクセントにもなっている大事な部分となります。
ラフである意味ではいい加減な着こなし方ではありますが、一見アンバランスに見えるこの組み合わせこそが実はアイテムバランスの調和を図る要因ともなってています。
 様々なアイテムを用いて作るレイヤードスタイルはまだまだ無限の可能性を秘めている。

 

 

 

( Fitting Model / JB / 170cm_54kg / Size_1 )

 

 

寒さの厳しいトップウィンターに着用したいと思うインナーアイテムがここに誕生した。

退廃的で繊細なタッチで構築された雰囲気、ストレスのない立体的なルーズタートルネックデザインは様々なアウターアイテムとのシナジーを作りだし、当店が提案するレイヤードスタイルを大きく彩る。

 さあ、冬を楽しもう。 

 

 

 


 

お電話でのお問い合わせは Garage EDEN / 03-6277-2947

 

メールでのお問い合わせはこちらへ >>>  CONTACT PAGE ( info@circus-hp.com )

 

>>>  Thee Old Circus OFFICIAL WEB SITE はこちらへどうぞ