Thee old circus " 1973 " / 8310 / Beautiful Rust '' 30/16織りバックサテンストレッチ素材デフォルメ2つ ボタンジャケット [DUST BLACK]

Thee old circus " 1973 " / 8310 / Beautiful Rust '' 30/16織りバックサテンストレッチ素材デフォルメ2つ ボタンジャケット [DUST BLACK]

PRICE: 55,080yen(税込)

SIZE/::
数量:

 

THEE OLD CIRCUS - 1973 -

 

8310 Old Name 「 Beautiful Rust 」

 

30/16織りバックサテンストレッチ素材デフォルメ2つボタンジャケット

Price // 55,080 yen (51,000 )

C - 98 , Pu-2 

 

Finish // ONE WASH  FINISH

Color // Size 

DUST BLACK//  0 , 1 , 2 , 3 , 

 

 

SIZE SPEC // ( cm ) ※ 採寸方法や加工具合により多少の誤差が生じます

  

SIZE:0 着丈 64 肩幅 40 身幅 43 袖丈 64.5 

SIZE:1 着丈 66 肩幅 41 身幅 46 袖丈 66

SIZE:2 着丈 68 肩幅 42 身幅 48 袖丈 67.5

SIZE:3 着丈 69 肩幅 43 身幅 50 袖丈 67.5

 

Attention Point.

 

・ディフォルメジャケット構築

・2つボタン仕立て 

・立体構築スパイラルアーム

 

 


 

 

 

 

NOVEL_

 

歪みから構築された美しくも退廃的なモノ

  

NOTE_

  

- 30/16 Strech Back Satin Deformed 2B Jacket - 

「 30/16織りバックサテンストレッチ素材デフォルメ2つボタンジャケット 」

  

Beautiful Rust (美しい錆)

 

価値観の展開の元に生まれる「歪み」のある世界。汚れた錆は儚くて美しい。

そう考える。 

双糸の糸番手と表裏で互い違いの太さを用いてそれを密度が高く打ち込み本数を増やすことで、生地厚以上のゴツさを持たせる。
その為アイテム全体は華奢に細いラインを保ちつつもしっかりとした重量感のある仕上がりが可能となる。
2%のみ素材にウレタンを混ぜることで鈍く伸びる強固なストレッチ仕立てにしたメンズらしい生地。

前襟を長く取り基本の2つボタンを意図的にディフォルメしてのデザイン構築、ラペルは細身に仕立てゴージラインを上にあげることでラペルそのものを一つの衿と解釈してラペルを立てて切ることも可能なジャケット。
背面ステッチによる表に僅かに見える縫製技術や袖口にはファスナーでの袖開きを作ることで全てに置いて通常とは異なるジャケットパターンとなっている。
アームは立体性を構築したスパイラルアームとなっており、デザイン性の高いアイテムに仕上がっている。

 

男のクローゼットに必要であるべきなのはやはりジャケットというの存在。
優雅でありながらも無骨。
其れは一般的に広く知られるジャケットとは存在意味も大きく異なり、このブランドのが創造する退廃的な世界観を感じることが出来る作品。

シーズンを選ばずあらゆるシーンで活躍するジャケットはいつだって男の魅力を最大限に引き出す存在であって欲しい。そう考えたため今季はこのジャケットを提案している。

  

 


 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前後で裾の表情感が大きく異なる変形構築したジャケットのアウトライン。
ジャケットが本来持つ優雅さとこのブランドが表現する退廃的なモード感が融合した独特なフォルム構築となっている。

男のスタイルにおいてジャケットという存在はいつの時代も必須のアイテムであると考える。
ある意味での戦闘服であり、メンズならではを象徴するアイテムだからに他ならない。

ブランドらしいタイトフィットするシルエットフォルム構築で作られており、ラペルも同様に細身で仕立てられゴージライン(上襟と下襟を縫製するラインのことを指す)を上にすることでラペルそのものを一つの衿として解釈し衿立てするような着こなしも可能となりジャケットのスタイル幅を大きく広げるデザインとなっている。

実際に着用してみるとウエストをシェイプしボディライン(くびれ)を意図的に細く見せる「 Xライン 」を演出。
メンズ特有の色気を演出しながらもジャストサイズでの着用下ではストレッチ性のある素材が締め付けすぎない快適な着用感を促す。

細身の美しいアームラインにはスパイラル(螺旋)デザインを取り入れたアームデザインを採用し、タイトフィットしながらも運動可動域を確保しデザイン性も兼ねた美しいアームラインを形成する。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前後での雰囲気の異なる独特な雰囲気を演出しており、フロントから見るとまるでチェスターコートを羽織っているような雰囲気となり、背面から見るとジャケットらしい表情の二面性を持つ。

一般的に広く知られるジャケットらしいパターンではなく、モードで無骨な雰囲気を兼ね備えるブランドの世界観を詰め込んだ独特なパターンワークから生まれた。

やはりジャケットという存在はどのシーズンにおいてメンズスタイリングを構築する上で必須のアイテム。
存在感があり美しいシルエットで形成されているこちらのジャケットは希少な存在となるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックサテン素材にわずか2%のウレタンをブレンドすることにより鈍く伸縮する強固なストレッチ性を作り出す仕立ての無骨なメンズらしい生地を使用。

バックサテンとは裏面が朱子織(サテン)となっている素材のことを指し、縦糸・横糸が五本以上から形成される織物組織の一つとされる。
こちらのアイテムの生地には双糸の糸番手と表裏で互い違いの太さを用いてそれを密度が高く打ち込み本数を増やす事で生地の厚み以上にゴツさを持たせた素材。

ジャケットとしては厚手の生地感となっており、秋冬のアウターアイテムとして十分な保温性を兼ね備える。

光沢の強いサテンとは異なり落ち着いた光沢と独特なヤレ感が色気を作り出し非常に魅力的で、ムラのある生地の表情がブランドが思い描く退廃的で無骨な世界観と重なる部分も多い素材となる。

着込んでいくほどに生地の表面にアタリが生まれ、さらに退廃感や無骨さが強調され雰囲気の良いものへと昇華する。

朽ちていく過程が美しいその姿はまさに「美しい錆」の作品名を冠する通りの世界観を表現する。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトな幅で構築されたラペル。
ブランドでは一つの衿として解釈し、衿を立てるようなジャケットとしては変則的な着こなしでも違和感のない'' 顔 ''の表情感 を演出する。

「寒い日には衿立てしたスタイルが良い」

仕草や佇まいがストイックな男の姿を想像し、計算されたディテールワーク。

ハンガーで吊るしている状態やトルソーにかけた状態だけでは伝わることはないリアルな着用シーンを想定し構築されている。
そこまで計算して作り上げたモノにこそブランドが想い描く魂やマインドが宿ると考える。

はっきりと目視できる魂やマインドが何よりアクセントとしてこのアイテムを彩る。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

  

フロントに配置されたアイコンディテールのサビ加工を施した金属ボタン。
18mmの厚手の金属ボタンを用いて二つボタンのディテールを作り出した。 

サビ加工にはこのブランドがオリジナルで調合した特殊な薬品を用いているため手で触れても生地に接触しても付着することのない仕上げになっている。
退廃感や無骨さを強く印象付け、ヤレた男の世界を表現する大事なディテール。

ジャケットの両側面にはアイテム全体の雰囲気を無機質に仕立て上げるためにスリットポケットデザインを取り入れた。
強すぎる主張はこのアイテムにはふさわしくない、無駄を排除しストイックなアイテムを構築することでヤレた雰囲気を作り出す。
  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

背面にはもう一つのアイコンディテールであるバッククロスダーツ。 
表面にステッチの目が浮かび上がる独特な縫製技法を持って、モード感を演出し立体的な背面を構築する。

デザインであると同時に着用ストレスを大幅に軽減するパターンワークとなっている実用性の意味合いも持たせた素晴らしいディテール。


袖口にはファスナーを仕立て一般的なジャケットのデザインとは一線を画す。

デザイナー自身のライフワークの一環であるライディングウェアの要素を匂わせる無骨で袖の表情に緩急が付けられるディテール。



 

 

 

 

 

 

 

 

ベーシックにシャツで合わせることでジャケットスタイルの組み合わせが完成する。
クセのあるシルエットフォルムだがシンプルな組み合わせの中にこそそのアイテムの特異な存在感が放たれる。

上の写真ではシャツとジャケットの衿を立てた状態と寝かせた状態を撮影した。

衿立てすることでエロクールな雰囲気を作り出し、本来のジャケットには存在しない着こなしでも違和感のない着用が可能となる。

  

 

 

 

 

 

フロントに配置された金属ボタンを閉じることで美しいウエストラインが演出される「 Xライン 」を作り出す。
色気のあるスタイリングには欠かすことの出来ないスタイリング効果であり、ボタンを閉じた状態が美しくなければ意図的にデフォルメしたフロントデザインの意味を為さない。

 

 

 

 

 

 

 

袖先にはファスナーを配置し無骨でストイックな男の袖先を演出する。
本切羽ではなくファスナー仕立てにすることで良い意味でのカジュアル感を作り出し一つのアウターとしての存在感を確立させる。

バックディテールにはアイコン的なバッククロスダーツを施し立体的な背面構築となる。
ステッチの目がアクセントになっている背面ステッチもデザイン性を高め、バッククロスダーツのディテールの存在をより際立てる。

 

 

 

 

 

 

 

前後で丈感が異なるシルエット。
フロントからはまるでコートのような表情を作り出し、背面から見ると袖先のファスナーやバッククロスダーツなどのディテールが主張し、パンツのベルトループがギリギリで隠れるショート丈のような装いとなっているためライディングブルゾンを着用しているかのような無骨な雰囲気を醸し出す。

前後で異なるアンバランスで独特な裾の表情がまたひとつファッションを楽しくさせるデザイン。

 

 

 

 

 

 

 

ジャケットには裏地を貼り付けており、重ね着の際に滑らかな袖通りを実現する。
このアイテムが持つ重厚感と生地の高級感がシックで落ち着いた大人の男の服として相応しいモノに仕上がっている。

ストイックで無骨なThee OLD CIRCUSの世界観。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

陽の光を浴びることでバックサテンの素材が持つ色合いのムラ感やステッチの雰囲気などがはっきりと映る。
奥行きのあるブラックのカラーリングがシックでストイックなモードの世界を作り上げる。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャツ+ジャケット、デニムパンツで組み合わせたThee OLD CIRCUSの根底にあるベーシックなスタイル。
普遍的で普遍なスタイルであり、シンプルだが格好の付く完成されたスタイリングとなります。

ラフな着こなしの雰囲気が退廃的でヤレた男の空気感を演出する。

細身の美しいシルエットバランスがラフな着こなしでもだらしなく見えることの無いスタイリング。

 

普遍的で不変のジャケットアイテムは今季当店で提案するレイヤードスタイルとの相性も素晴らしい。

 

 

 

 

ロング丈のシャツコートをインナーに着用するレイヤードスタイル。

着用している全てのアイテムをモノトーンで構成してタイトでストイックなモード感を演出しました。
襟付きのベーシックなシャツアイテム以外の組み合わせでもシルエットバランスが崩れず、また黒を基調としたスタイリングですが異素材のアイテムの組み合わせなので重厚感を持たせながら色を深く溶け込ませないスタイリングとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

ディストーションネックのモード感を最大限に活かす為首元のボタンを一つ開ける程度の開きに留め、無機質でストイックな表情を作り出します。ジャケットの襟を立てることでよりこちらのスタイリングが持つ色気やモード感が向上しThee OLD CIRCUSのアイテムが持つ世界観を深く体感できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり特筆すべきはレイヤード感がもっとも強調される裾のバックディテール。
ジャケットのスリットとインナーコートのフィッシュテールのディテールバランスの相性が良く、それぞれのディテールが持つ長所が崩れ無いバランス感に優れた組み合わせとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

( Fitting Model / ITAU / 177cm_60kg / Size_1 )

 

 

普遍的で不変。

それがジャケットというアイテムの存在。

意図的に変形することでデザイン性とファッション性の高さ両立させる孤高のアイテムへと変わる。

シーズンに左右されず、着用シーンを選ばず万能に着用いただけるジャケットアイテムとなっております。
Thee OLD CIRCUSが作り出すモードでエロクールなアイテムの雰囲気を体感いただける1枚となっています。  

 

 


 

Garage EDEN

▶   +81)3-6277-2947

▶   E-mail( info@circus-hp.com )

▶   WorldWide Shipping Guide