8111 ''White War'' / ラグランスリーブジャージスタンドネックセミダブルライダース [BLACK]

8111 ''White War'' / ラグランスリーブジャージスタンドネックセミダブルライダース [BLACK]

PRICE: 35,200yen(税込)


< Garage eden は人数制限付完全 Membership shop です >

一部商品を除きプライス表示も含め御利用は ___ こちらの Family Membership Point をお買い上げの会員様のみとなります
( Web store のメンバー登録のみでは御利用が出来ませんので御注意ください )

___ サービス内容、Mind についての詳細はこちらを御覧ください ( garage eden official web site )

入会前にイメージをご覧頂きたい方は ___ Login 画面で メールアドレス 「 shop@garageeden.com 」 パスワード 「 Eden1973 」 で内覧が可能です。( incarnation , 6111 アイテムはオープンプライスのため表示されません = 会員様はこちらの閲覧も可能となります )

内覧のみとなり、お買い物は出来ませんので御注意下さい。(登録内容の変更はしないようお願い致します)


 

 

THEE OLD CIRCUS - 1973 -

 

 

 

8111 Old Name 「 White War 」

 

ラグランスリーブジャージスタンドネックセミダブルライダース

 

 

Price // 34,560yen ( 32,000 )

 

Pe - 100


Finish // ONE WASH FINISH

Color // Size 

 

BLACK // ,, 2 ,

 

 

 

NOTE //

 

 

 

- Raglan Sleeve Jeasey Stand Neck Semi W Riders -

 

「ラグランスリーブジャージスタンドネックセミダブルライダース」

 

 

中肉のしっかりとしたジャージ生地で作ったライダース。

 

表題の商品名が表す通り、ある種のイレギュラーを集めたデザインワークで出来上がったアイテム。

素材は吸湿性と通気性、そして伸縮性に優れた中肉の厚みを持つジャージ素材の為、真夏に近い時期でもインナーをタンクトップなどの軽いものにして頂ければ着用可能なアイテムとなります。

春~夏に向けてのメンズアウター(特に無骨なデザインが好きな人へ)としては最高の仕上がりのアイテムではないでしょうか。デザイン、フォルム自体はこのブランドが根底に持ついかにも無骨でワイルドなモノ。それでいてそのアイテムをジャージで作り出せばよりラフに気軽に着れるアイテムとして仕上がる。前合わせをセミダブル調にしたことでスタンドネックのただのジャージでもなくどこかにヒトクセある全体になりました。カットソーではあまりないような立体的なパターンメイクを構築し、アームの作りや細かい箇所では切り替えではなくダーツ を利用した裾などのカッティングなどパッと見では分かり得ない深いデザインを施しました。

 

 

 

SIZE SPEC // ( cm ) ※ 採寸方法や加工具合により多少の誤差が生じます

 

 

 

SIZE:0 着丈 67 身幅 43.5 袖丈 78.5

 

SIZE:1 着丈 69 身幅 45.5 袖丈 80

 

SIZE:2 着丈 71 身幅 47.5 袖丈 81.5

 

SIZE:3 着丈 72 身幅 49.5 袖丈 81.5

 

 

 

Attention Point.

 

 

・ラグランスリーブ,セミダブル仕立て

・サイドスリットポケット

・衿縁樹脂ワイヤー

 
 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラグランスリーブ仕立てのセミダブルライダースでデザインされている。
全体的には体のラインが際立つタイトなフォルムで構築されているが、特殊立体構造で デザインされている為、実際的な着用では運動可動域も非常に広く着用ストレスを感じないディティールとなっている。

素材は中肉の厚みを持つジャージ素材を用いており伸縮性、通気性に優れているのでタンクトップやTシャツなどの軽いインナーであれば真夏近くまでの着用が見込める。

ストイックかつ無骨でワイルドなデザインのライダースはレザーを羽織ることの少ない気温の高いシーズンに置いて必ず主役級のアイテムとなるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衿縁に樹脂ワイヤーを配置したスタンドネックの表情が圧倒的な存在感を主張する。
セミダブルのライダースらしく首元を開いた際のエロティックな胸元がアイテムの「顔」を作り出す。

 

 

 

 

  

 

 

 

 

ファスナーには大きめの引き手を採用し、このアイテムの無骨さをより強調する。
メンズウェアとしてファスナーが演出する無骨な印象はとても重要な役割と考える。

大きければ良いわけでは決して無いが、アイテム全体のバランスを考慮しそこに適切なパーツを当て嵌めていく。
ブランドが持つ無骨で退廃的な表情を演出する為には必要不可欠な部分だと断言する。

 

 

 

 

 

 

 

 

袖先もファスナーとなっており、暑い時期に袖を捲る事を想定したデザインとなる。
ジャージでは在るがライダースとしての存在を無骨に仕上げるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

ブランドアイコンの一つであるバッククロスステッチ。

着用している自身から見えるところでは無いが、魅せる背中を作り出す。

どの角度を切り取って見ても「カッコいい」そう魅せるのがデザインと考える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( Fitting Model / JOHN / 170cm_65kg / Size_2 )

 

 

 

ライダースでありジャージ。

ラフで無骨なこのアイテムに代わりは無い。

僕らが想い描くライフスタイルにライダースはいつだって必要。

 

シンプルに「カッコいい」から。

 

それ以上に大事なことなどそう多く無い。

 

 

 

 

 

>>>   Thee OLD CIRCUS / 1973(シーズンコレクションライン)2018 Spring & Summer スタイリング一覧画像はこちらのリンクよりご覧頂けます 

 

  


 

 

 

 

お電話でのお問い合わせは Garage EDEN / 03-6277-2947

 

メールでのお問い合わせはこちらへ >>>  CONTACT PAGE ( info@circus-hp.com )

 

>>>  Thee Old Circus OFFICIAL WEB SITE はこちらへどうぞ