7353 "DIAMOND RIVER" / 10/3 ヘヴィーニットドレープロングガウン [DEEP BLACK]

7353 "DIAMOND RIVER" / 10/3 ヘヴィーニットドレープロングガウン [DEEP BLACK]

PRICE: 35,200yen(税込)


< Garage eden は人数制限付完全 Membership shop です >

一部商品を除きプライス表示も含め御利用は ___ こちらの Family Membership Point をお買い上げの会員様のみとなります
( Web store のメンバー登録のみでは御利用が出来ませんので御注意ください )

___ サービス内容、Mind についての詳細はこちらを御覧ください ( garage eden official web site )

入会前にイメージをご覧頂きたい方は ___ Login 画面で メールアドレス 「 shop@garageeden.com 」 パスワード 「 Eden1973 」 で内覧が可能です。( incarnation , 6111 アイテムはオープンプライスのため表示されません = 会員様はこちらの閲覧も可能となります )

内覧のみとなり、お買い物は出来ませんので御注意下さい。(登録内容の変更はしないようお願い致します)


 

 

Thee OLD CIRCUS - 1973 -

 

 

 

7353 Old Name 「 DIAMOND RIVER 」

 

10/3 ヘヴィーニットドレープロングガウン

 

 

Price // 34,560 yen( 32,000 )

 

C-100

 

 

Finish // ONE WASH FINISH

 

Color // Size 

 

DEEP BLACK  //   0 , 1 , 2 , 3 ,

 

THANK YOU SOLD OUT

 

 

 

NOTE //

 

  

 

- 10/3 HEAVY KNIT DRAPE LONG GOWN -

 

「10/3 ヘヴィーニットドレープロングガウン」

 

現行編み機では作ることの出来ない全時代の旧式の編み機を用いてざっくりとしたヘヴィーニットでしっかりとしたアウターにもなるロング丈のガウンを仕立てました。重みのあるヘヴィーニットなのでこれ一発でしっかりとしたアウターライクにも着ることが出来ます。ショールカラー調のネックは独自の型紙構築をすることでドレープを生み出し衿(カラー)のように見せるデザインを作っています。このドレープ衿によってアウターのようにもインナーにも使えるバランスの良いネック周りが出来上がっており、アウターにする際にはこの下にシャツなどを合わせてもバランスの良いデザインとなっております。本来ガウンはボタン留めなどなくベルト(紐)などでフロントを留めるデザインが多いですが、これはカーディガンのようなボタンの配置をしてラフにさらりと羽織れるようなデザインになっております。ボタンにはこのアンティーク感のある素材にマッチさせるように朽ちた錆加工を施した厚手の金属ボタンを採用。

 

10/3 という特殊な厚みを持つ天竺ニットで重厚で無骨なメンズのスタイルを作ります。ザラついた表情感、ヘヴィな匂いと想い。そういったモノをこのプレーンなアイテム1点で表現しました。

 

 

 

SIZE SPEC // ( cm ) ※ 採寸方法や加工具合により多少の誤差が生じます

 

  

SIZE : 0 着丈 88 肩幅 37 身幅 50 袖丈 66

 

SIZE : 1 着丈 90 肩幅 38 身幅 52 袖丈 67

 

SIZE : 2 着丈 92 肩幅 42 身幅 54 袖丈 68

 

SIZE : 3 着丈 91 肩幅 43 身幅 56 袖丈 68

 

 

 

 

Attention Point.

 

 

・10/3 特殊ヘヴィ天竺ニット

 

・特殊ネックドレープネック

 

・バック十字クロスアイコン

 

・オリジナル錆加工ボタン

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7350(10/3 ヘヴィーニットUネック)と同素材のガウンスタイル。

 

手に触れた瞬間に明らかに他とは違うということを実感してもらえる生地。

 

ざっくりとしたニットの肌触りは今の機械では編むことが出来ない特別なもの。

 

時代という効率化の為に省かれていく様々な文化や伝統。

 

それに対しての良いか悪かはここでは言わないが、少しだけ時々寂しく想ったりしてしまう。

 

 

そんな時代の流れに取り残されたこの生地とうちのブランドの相性が悪いハズがなく、このアイテムは生まれた。

 

スウェットでもなく華奢な天竺でもない。

 

「圧倒的」な素材で作ったのはガウンスタイルのアイテムだった。

 

秋という夏の残りの匂いと暖かさと冬へと向かう途中の季節。

ガウンというアイテムはアウターとしても、コートのインナーとしても着用することが出来る万能アイテムであることに気がついた。

暑ければタンクトップの上に着るのも良い。

寒い時にはこの上にコートを羽織ったら凶暴なほどにカッコいい。

 

大切なキーワードはいつだって「カッコいい」かどうかってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネックの作り込みが特徴的であり、それは象徴でもある。

 

角のつくカッティングではなく、ドレープを生かすことで生地の重なり合わせによって生まれる「衿のような」ネック周り。

 

衿のようで、衿でないという確かな表現を持たないディティールこそがこのアイテムの特徴。

 

 

ドレープを持ったラインとニットが持つしなやかさでカッチリし「過ぎ」ない。

 

ニットらしからぬ圧倒的なゴツさでゆったりし「過ぎ」ない。

 

 

アバウトで表現しづらいアイテムであればあるほど、それはどこにも存在しえない物語の挿絵のようなアイテムに仕上がる。

 

堅くなり過ぎないフォルムを持つことで、タンクトップ、Uネックスタイルのインナーとのセットや衿付きのシャツをインナーにすることでアウターという括りにもなり、それらのさらに上からコート類などのアウターを着込めばインナーとしても着用が可能なスタイル。

 

アバウト感が生んだ最高傑作。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厚みを持ちオリジナルの錆加工を施した朽ちた金属のボタン。

 

こんなストーリーのある素材には奥行きのあるボタンでないとその生地に負けてしまうからね。

 

パズルのピースが全て揃った時にモノは最終的な未完成を迎える。

 

最後のピースは口に出して言うまでもないこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
(Fitting Model/ JB /Size_1)

 

 

 

「ダラリ」と格好をつけるのは割と好きだ。

 

そして言葉にならないモノを作る楽しみも出来た。

 

なにをどう着るか?

 

別に大層なことじゃない。(芸能人でもあるまいし、そんなに多くの人に見られるわけじゃないでしょ。不快にさせない格好ならどんな格好をしようが問題なんてどこにもありません。)

 

オシャレだとか言う言葉やファッションだとか。そんな言葉にも興味はない。

 

好きなように好きなモノを纏うこと。

愛を持って向かうこと。

大切なのはよっぽど沢山ある気がする。

 

 

* 肩幅は寸法上はかなり小さくなっていますが、これはネックのドレープを考慮しての意図的なサイズ設定です。フィッティングの写真を見てもらえばわかると思いますが、違和感はないはずです。サイズ、数字はどこまでもあくまで目安です。立体的に作られる全体のフォルムの構築では数字とはまた別のフィッティングの世界が存在します。サイズ等が心配な方は可能な限りのアドバイス致しますのでどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

>>>  BLOGでの紹介_2017.9/16_秋風の中に身を置くこと_JOHNNY BLOG

 

>>>  Thee OLD CIRCUS - 1973 - オールラインナップはこちらへどうぞ

  

 

 

MODEL (JB)/ 170cm 54kg

 

お電話でのお問い合わせは Garage EDEN / 03-6277-2947

 

メールでのお問い合わせはこちらへ >>>  CONTACT PAGE ( info@circus-hp.com )

 

>>>  Thee Old Circus OFFICIAL WEB SITE はこちらへどうぞ